怪物公爵と契約公女

怪物公爵と契約公女ネタバレ86話最新話と感想!レスリーを皇后に?

「ピッコマ」連載漫画の「怪物公爵と契約公女」86話のネタバレと感想をまとめてみました!

太后とアーレンドは、いずれレスリーを皇后に迎えたいと考えています。

それにより、サルバトール公爵家の力とレスリーの闇の力を手に入れようと企んでいるのですが…。

怪物公爵と契約公女86話のネタバレと感想を書いていきます!

怪物公爵と契約公女ネタバレ86話最新話と感想!レスリーを皇后に?

エリーの不満

パーティの日、エリーは太后の膝で泣き崩れていました。

レスリーに負けてアラベーラになれなかったのが悔しくてならないのです。

 

レスリーは自分のために生まれてきたのに、自分より上だなどとは受け入れられないとグズグズ言い続けていました。

太后はエリーを優しくなだめながらも、内心ではいつまで付き合わなければいけないのかとウンザリしています。

 

そこへ現れたアーレンドから席を外すように言われたエリーは、渋々退出しました。

太后はアーレンドに、パーティではエリーのパートナーを務めるようにと言います。

太后とアーレンドの計画

アーレンドはエリーのことを、愚かで使い物にもならない人間だと言いました。

太后は、エリーを皇后にするつもりはないと答えます。

 

太后とアーレンドは、未来の皇后として同じ人物を考えていました。

サルバトール公女・レスリーです。

 

レスリーは純血貴族であるスペラード家の出身で、何よりもサルバトール家の力を味方につけることができるでしょう。

公爵が大事にしている娘を人質に取られたら、公爵も頭を下げるしかありません。

そしてレスリーの闇の力も手に入れることができるというわけです。

 

アーレンドは、太后の温室にしか咲かない花をもらうためにやってきました。

香りが気に入ってそばに置いていたのが枯れてしまったそうです。

 

その花はもう残っていないと太后がいうとアーレンドは落ち着かない様子でした。

それを見た太后は、端に植えていたのが少し残っているので後で届けさせると約束します。

パーティ会場

会場の貴族たちは、サルバトール公爵の話でもちきりです。

気絶するほど恐ろしいらしいとか、夫にあたる人は傭兵だったなど、色々な噂をしていました。

 

公爵一家が到着すると、会場の全員がレスリーたちに注目しています。

レスリーはこれまで、みんなが公爵家を恐れるのは偏見と無知のせいだと思っていました

しかし今日、その裏にあるのは公爵家に対する嫉妬と羨望なのだと気づきます。

 

レスリーはシェリスと一緒にデザートを食べにいくことにしました。

シェリスが、今日のパーティには他国に留学していた第二王子も参加されるそうだと話します。

怪物公爵と契約公女ネタバレ86話感想

レスリーを皇后に迎え、サルバトールの力とレスリーの闇の力まで自分のものにしようとしているなんて。

そのような太后の計画を公爵が許すはずはありません。

でも、太后はどんな卑怯な手を使うか分かりませんから、怖いですね。

 

アーレンドが「無慈悲な」皇帝になる、という太后の計画。

それが、太后の悲願を叶えるということと一致するのでしょう

 

アーレンドを皇帝にして、一体何をするつもりなのでしょうか。

多くの人を不幸な目に合わせそうな気がします。

 

そしてアーレンドがもらいに来た「太后の温室にしか咲かない花」とは何でしょう?

ないと聞いた時のアーレンドの反応を見ると、なにか中毒性のあるもののようですが…。

怪物公爵と契約公女ネタバレ86話最新話まとめ!レスリーを皇后に?

今回は怪物公爵と契約公女86話のネタバレと感想を紹介しました!

太后はエピアルテスを手に入れ、アーレンドを皇帝にし、レスリーを皇后にするつもりです。

アーレンドが皇帝になった暁には、太后の願いを叶えるという約束でした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!