かりそめの公爵夫人

かりそめの公爵夫人ネタバレ60話最新話と感想!イヴォナの願い

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「かりそめの公爵夫人」60話のネタバレと感想をまとめてみました!

野外演劇のキスシーンに赤面し焦るイヴォナ。

戻ったホテルでは、楽しみにしていた温泉が実は混浴だと知って・・・!?

それでは「かりそめの公爵夫人」60話のネタバレと感想を紹介します!

かりそめの公爵夫人ネタバレ60話最新話と感想!イヴォナの願い

恥じらうイヴォナ

演劇での役者のキスが恥ずかしくて、目をふせてしまうイヴォナ。

周りの人々はなにも気にしてない様子ですが、スキンシップ自体に慣れていないイヴォナは肩におかれたクロードの手にさえドキドキしてしまうのです。

 

自分たちの契約結婚期間は1年間なので、1年後に離婚や後継者に関することを行うと決めていました。

しかしこの役者たちのように、クロードとスキンシップすることになるかもしれないと思うと、クロードの考えが気になってしまいます。

まさかの混浴!?

観光を終えて2人はホテルに戻りました。

疲れた身体を癒す温泉を楽しみにしていたのですが、用意されていたのはまさかの混浴!

ステファンが気をきかせてくれたのです。

 

残念だけどクロードに譲ろうと思っていると、一緒に入ることを提案されます。

焦ったイヴォナでしたが、一緒に足湯をするという意味だったようで一安心。

 

温泉で疲れた身体をクロードがマッサージしてくれることになりました。

イヴォナはそれを賭けのお願いにすることにします。

イヴォナの願いとは・・・?

やはり恥ずかしくなってしまったイヴォナは、途中でもう大丈夫だと言い、願いをきいてもらって良かったとお礼を言います。

しかしその言葉にクロードは、夫として当たり前のことをしただけだからと、願いを却下してしまいました。

 

そこで覚悟を決めたイヴォナは、契約関係のお願いをすることにします。

1年後まで待つことなく、段階的にスキンシップを進めたいと

自分の言ったことに赤くなって焦っているイヴォナにクロードは、では今夜はどこまで進んでいいのだと聞いてくるのでした。

かりそめの公爵夫人ネタバレ60話感想

イヴォナ、心とはうらはらにずいぶんと積極的じゃないですか?

ビックリしたんですけど。

 

クロードにとったら渡りに船の申し出だったことでしょう。

表情は落ち着いていましたが、嬉しさが隠しきれていなかった感じでしたもんね。

 

この旅行は、2人にとって気持ちを確かめ合うために、本当に必要なものだったのだと改めて思いました。

これでスキンシップが少しずつ進んでいけば、本物の夫婦になれる日も近いですね。

 

良かったね、クロード。

鈍感イヴォナのことだから、スキンシップなんてまだまだ先のことだと思っていたけれど。

 

でも、一体どこまで進むのでしょう・・・?

次回がすっごく気になるんですけど。

かりそめの公爵夫人ネタバレ60話最新話と感想!イヴォナの願いまとめ

今回は漫画「かりそめの公爵夫人」60話のネタバレ、感想をご紹介しました。

演劇でのキスシーンに触発されたのか、イヴォナは2人の契約関係について考えました。

 

そこで賭けのお願いとして、1年後に話し合うはずだったことを段階的に進めたいと告げます。

それにはクロードも賛同してくれたのですが、一体今夜はどこまで・・・?

次回、ドキドキの展開です!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!