ルシア

ルシアネタバレ43話最新話と感想!決別

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ルシア」43話のネタバレと感想をまとめてみました!

悲劇のあの日について話す、タラン公爵とフィリップ。

フィリップが結婚話をした瞬間、タラン公爵は血相を変え、妻に近づいたらただではおかないと警告するのでした。

「ルシア」43話のネタバレと感想をしていきます。

ルシアネタバレ43話最新話と感想!決別

ビビアンの体調

庭園を散歩しているビビアンに声をかけたのはビビアンの世話をしてくれていた侍女とジェロームでした。

ビビアンのことを心配して、侍女はジェロームに相談をしたようです。

 

ジェロームは心配してビビアンに聞きました。

ビビアンが侍女を見ると、侍女は慌てて目をそらします。

まったく、と思いながらビビアンは、妊娠していないし健康ですから心配いらないとジェロームに言い、タラン公爵も知ってることを伝えました。

 

万が一ビビアンに何かがあれば、ジェロームが責任を負うことになるのです。

ジェロームは少し困った顔をしながらビビアンに言いました。

念の為に陛下に確認したいとジェロームが言うと、こうなる可能性を考えて最初に妊娠は難しいと伝えたことをビビアンは思います。

 

伝えた時、証明できるか聞かれましたが、それ以降は関心がないのか何も聞かれていないとビビアン。

不安なのであれば私からもう一度伝えると言うビビアンに、伝えたかをどのように確認すればいいかを質問するジェローム。

すると、ため息を付きながらビビアンは、ジェロームがいる所で話すと答えました。

意外な性格

ビビアンにお礼を言うジェローム。

そして、気分害してしまったことを謝罪します。

 

執事として当然の役割だとビビアンが言った後、侍女を見ながら言いました。

どうしてビビアンに確認をせずに執事に相談したのか。

 

侍女に問いただし、監視するような人間を近くに置きたくないと、侍女を外れてもらうように言いました。

顔が真っ青になる侍女。

返事をしたジェロームは侍女を見て思います。

 

奥様よりも執事の地位が上だと思わせる軽率な行動だった。

しかし誰よりも優しく純粋な方だと思い込んでいたが白黒ハッキリつける性格に意外性を感じるジェローム。

タラン公爵とは似た者同士運命の相手だったんだなとジェロームは微笑みました。

高貴な血筋

目の前のフィリップを見ながら、タラン家の始まりについて思うタラン公爵。

荒涼な北部を治めた理由、タラン家が力を持ちながらも臣下として暮らしている理由を人々は知りません。

目的は一つ、血統を絶やさないこと。

 

目的達成のために選んだ拠点で、タラン家の主人と僅かな人間しか知りません。

土地に魅力はなく足を踏み入れるのも困難な安全な場所はタラン城の為の造られた土地、それが北部でした。

この真実を知る人間はタラン公爵自身で一人残さず消したのです。

 

今この事実を知るのは、タラン公爵とフィリップだけでした。

前公爵の目を盗み兄貴の命を助けようとしたフィリップをタラン公爵は消すことが出来ませんでした。

タラン家の血統をなくさないためダミアンには奥方が必要だと言うフィリップ。

 

すると、タラン公爵はいい加減にしろと怒鳴ります。

タラン家の血統だけは受け継がれないといけないと必死に訴えるタラン公爵。

この高貴な血筋だけは絶対に絶やしてはいけないと言うフィリップに、タラン公爵はため息をつき、消えろと言います。

 

今後は警告しない、次回は命がないと思えと脅し、二度とタラン公爵の前に姿を見せないように言いました。

フィリップ何も言わずうつむき部屋を出ていき、タラン公爵は目をつぶり思います。

高貴なタラン家の血筋は俺の代で終わりにしてやると。

ルシアネタバレ43話の感想

辛い経験をしてきたからこそ、優しさがあるビビアンでしたが、優しいだけではなく白黒はっきりとつけるしっかりした性格を持ち合わせていました。

正論なのかもしれませんが、侍女に対するビビアンの対応にはびっくりしました。

フィリップは凄くタラン家の血筋に執着しているようです。

 

そんなに特別な何かがあるのか不思議ですね。

フィリップは今後、ビビアンと出会うことがあるのでしょうか。

ビビアンが夢の中で診察してもらった謎の主治医と何か関係するのでしょうか。

 

タラン公爵は、ビビアンが妊娠できなくても、さほど気にしていない様子。

でも、その理由が分かりましたね。

タラン家の血筋にビビアンをできるだけ巻き込みたくはないでしょうね。

タラン家の血筋については、ビビアンはどんな風に考えているのでしょうか。

ルシアネタバレ43話最新話!のまとめ

今回は「ルシア」43話のネタバレと感想をご紹介しました!

フィリップはタラン公爵と話しをしていた部屋を後にすると、一人残ったタラン公爵は目を閉じて考えます。

タラン家の高貴な血統なんて汚らわしい、俺の代で終わりにしてやると思うのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!