もう一度、光の中へ40話最新話ネタバレと感想!アシュリーの事情と過去

もう一度、光の中へ

「ピッコマ」連載漫画の「もう一度、光の中へ」40話のネタバレと感想をまとめてみました!

アイシャはアシュリーを追いかけますが、アシュリーは見つからないよう逃げてしまいます。

もう一度、光の中へ40話のネタバレと感想を紹介していきます!

⇒もう一度、光の中へネタバレ一覧へと結末予想ページへ 

もう一度、光の中へ40話最新話ネタバレと感想!アシュリーの事情と過去

ブライム侯爵夫妻

アシュリーは休憩が必要と言い、その場を去ります。

アシュリーが身につけているアーティファクトから黒い光が出ているのをアイシャは見つけます。

尋常のなさを感じるアイシャは、急いでアシュリーの後を追いました。

しかし、アイシャはアシュリーの行方を見失ってしまいます。

 

アイシャが急ぐ様子に、ローズとクロエは心配そうについて来ました。

ここでローズの両親、ブライム侯爵夫妻が来ました。

ブライム夫人は、なぜローラン家の令嬢、アシュリーを皇女殿下だと思っているのか疑問に思っています。

 

アイシャはブライム侯爵夫妻にあいさつします。

ブライム公爵夫妻もアイシャの顔を知っておらず、アイシャを皇女だと気付いていません。

クロエがアイシャが皇女殿下であると説明すると、ブライム公爵夫妻は驚き、改めてアイシャにあいさつしました。

そしてアイシャはブライム公爵夫妻に、この舞踏会場から一番近い休憩室はどこにあるか訊きました。

焦るアシュリー

その頃、アシュリーは息切れしながら舞踏会場から足早に離れています。

アシュリーは本当の皇女殿下、アイシャが来ていたことに気付いていました。

アシュリーは自分でも精霊を召喚しているので、精霊の気を感じることができます。

その為、アイシャから精霊の気を感じたので本当の皇女が来たことに気付いたのでした。

 

アシュリーはアイシャから罰を与えられたらどうしようと悩んでいます。

そして、万が一母親がこのことを知ったらと思うとやりきれない思いになり、歯を噛みしめました。

 

精霊のナーイアスはアシュリーを心配しています。

ナーイアスはもう危険だからアーティファクトを外すよう言います。

しかし、アーティファクトを外したらナーイアスは消えてしまうからと、アシュリーは外すのを拒みました。

アシュリーの事情

アシュリーはつい皇女殿下のフリをしてしまったことを悔いています。

アシュリーは社交界デビューをしておらず、親しい令嬢は二人しかいないから、ほとんどの人がアシュリーは皇女殿下ではないことに気が付きません。

アシュリーは自分で自分を皇女だとは言っておらず、周りの方達が勝手に誤解しただけでした。

アシュリーはただナーイアスを自慢したかっただけなのです。

 

しかし、アシュリーは歓声を浴びるのは初めてで、過去の思いにふけました。

アシュリーの過去

アシュリーは今まで叱られてばかりでした。

そんなある日、アシュリーは精霊術の会で魔法使いから、精霊使いになりたくないかと訊かれます。

声をかけてきた魔法使いの師匠が、アシュリーが精霊使いになれるようお手伝いしたいと言われているようです。

その話を聞き、アシュリーは魔法使いの師匠に会うことになりました。

 

アシュリーは師匠に会うと、アーティファクトを授けられたようです。

アーティファクトを断る暇もなく師匠はいなくなってしまったから、アシュリーは禁止された物であると知っているのにもらって来てしまいました。

その時はまだアーティファクトを身につけず、扱いに困っています。

 

考えたアシュリーは、持っているだけでも怖いから後で先生にでもお返ししようと思いました。

魔法使いの先生から褒めても頂いたため、アシュリーはもう少しだけ努力すれば自分の力で召喚できるかもしれないと考えます。

母親に認めてもらえるよう努力しようと思いました。

 

そこでアシュリーの母親がやって来ます。

アシュリーは母親に少し怯えている様子です。

アシュリーは母親に、精霊術の授業で先生に褒めて頂いたことを伝えました。

アシュリーは親和力が高いので、もう少し勉強すれば召喚ができるかもしれないと言おうとしますが、母親はアシュリーの言葉を遮ります。

 

母親はアシュリーに、精霊を召喚したのかと訊きました。

していないとアシュリーが答えると、母親は本当に精霊を召喚した訳でもないのに偉そうにしないよう言います。

アシュリーには何も自慢するところがないと言葉を吐き、舌打ちをして母親はその場を去りました。

 

この出来事で、アシュリーは召喚をしたら母親は褒めてくれると思い、ナーイアスを召喚するのにアーティファクトを使ってしまいました。

 

過去の思いにふけるアシュリーは人の気配を感じて我にかえります。

アシュリーは人気がない場所へ移動することにしました。

夢の少年

アイシャ達はアシュリーを探しますが、なかなか見つけられません。

そこでクロエが思い当たるところがひとつあると言います。

クロエとローズとアシュリーだけが使っている場所があるようです。

そこは周りに人気もないから、アシュリーならそこへ行くかもしれないと言いました。

 

アイシャはその場所へ急いで案内するよう言います。

そこに、アイシャが夢の中で見た少年がアイシャ達の近くに来ていました。

もう一度、光の中へ40話感想

アシュリーは自分で皇女と偽ったわけではなく、周りの方達の勘違いのようです。

そんなアシュリーの過去が読者に明かされたお話でした。

 

アシュリーは母親から厳しくされていました。

自分の子に対して何も自慢するところがないと言うなんて、ひどい母親だと思います。

アシュリーは母親から認めてもらいたい思いでいっぱいです。

 

叱られてばかりだったアシュリーは承認欲求が人一倍強いでしょう。

精霊の召喚で観衆から歓声を浴びたアシュリーは、今までにない喜びを感じられたと思います。

 

そんなアシュリーは、アイシャから罰を受けないか、禁止されたアイテムを使って召喚したことを母親にバレてしまわないか不安に思っているでしょう。

追い詰められているアシュリーがなんだか不憫に思います。

事情を知ればアイシャは優しいので罰を与えないと思いますが、アイシャと話したことのないアシュリーはそれを知っているはずがありません。

 

そして、アーティファクトからの黒い光が心配です。

アシュリーの身に危険が及ばないといいのですが…

クロエが思い当たる場所に、アシュリーがいてほしいです。

 

そして最後に、アイシャの夢の中の少年が再度登場しました。

一刻も早くアシュリーを探し出したいところですが、助ける方法を知っているのでしょうか。

アシュリーを助けるのに協力してもらえたらいいなと思います。

もう一度、光の中へ40話最新話ネタバレと感想!アシュリーの事情と過去まとめ

今回は「もう一度、光の中へ」最新話40話のネタバレと感想を紹介しました!

アイシャ達はアシュリーを無事に助けることができるでしょうか、展開に注目です!

⇒もう一度、光の中へネタバレ一覧へと結末予想ページへ 

error: Content is protected !!