ラスボスの私が主人公の妻になりました

ラスボスの私が主人公の妻になりましたネタバレ第6話最新話と感想!シグレンの生い立ち

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ラスボスの私が主人公の妻になりました」第6話のネタバレと感想をまとめてみました!

目の前の少年が主人公のシグレンだと気付いたフィオナ。

彼を助けようと城へ連れて行きますが…?

「ラスボスの私が主人公の妻になりました」第6話のネタバレと感想を紹介します!

⇒ラスボスの私が主人公の妻になりましたネタバレ一覧へ

ラスボスの私が主人公の妻になりましたネタバレ第6話最新話と感想!シグレンの生い立ち

シグレンを助けるフィオナ

小説が始まる6年も前にシグレンと出会ってしまった事に焦るフィオナ。

将来世界を救う存在である彼がここで命を失っては大変だと気付いた彼女は、慌てて医者を呼ぶのでした。

 

2日後、フィオナの部屋にはシグレンの姿が。

彼は深い傷を負っていたものの、命には問題ないようです。

世界が滅びる危機を脱した事に安堵するフィオナ。

 

目の前で眠る幼い少年が将来世界を救う事になるなんて信じられません。

現在の彼は14歳ぐらいでしょうか。

小説ではシグレンの設定は数行で終わっていたので、細かく考えた事はなかったのです。

シグレンの生い立ち

主人公であるシグレンの生い立ちは複雑でした。

彼は帝国の皇子でしたが、正室の子供ではない為公表すらされていません。

平民の母から生まれた彼は、皇室の汚点と疎まれ常に命を狙われる事に。

 

シグレンの母は彼を守る為、ある日亡命を決意。

しかし彼女の決断も虚しく、「生きなさい」と言い残しあっけなく命を奪われてしまったのです。

一人残された彼は、母の言葉通り必死に生きようと逃げ続けます。

 

そして北部のヘイロン領に辿り着いた彼は、命を狙われる事なく生き延びる事ができたのです。

この後彼はアヴェルに剣の才能を見出され弟子になる事になります。

ここまでがシグレンの少年時代の設定でした。

シグレンへの懺悔

自分が作った設定のせいで、目の前の幼い少年が辛い経験をしたと思うと胸が痛むフィオナ。

シグレンの頭を撫でながら、ごめんねと謝ります。

いつか自分がここを出て行く日まで、謝罪の意味も込めて彼に優しくしようと決めるのでした。

 

シグレンのベッドにもたれかかったまま眠ってしまったフィオナ。

気が付くとシグレンが目を覚まし、フィオナの事をじっと見つめていました。

目の前の彼は灰色がかった青い瞳が魅力的なイケメン。

 

しかし、なんだか警戒されているような気がします。

自分が生きている事に動揺している様子のシグレン。

無意識のうちにフィオナを救った事も覚えていないようです。

 

自分が連れて来て医者に診てもらった事を伝えるフィオナ。

彼が露骨に嫌そうな顔をするのは、辛い生活を強いられてきたせいでしょうか。

 

フィオナが熱はないかとシグレンに手を伸ばしたその時。

俺に構うなと声を荒げるシグレン。

フィオナが構わず傷口を触ると、痛さで悶絶するシグレンなのでした。

ラスボスの私が主人公の妻になりましたネタバレ第6話感想

ここで主人公を失っては世界が滅亡してしまうと気付いたフィオナは、彼を城へ連れて行く事に。

フィオナのおかげでシグレンの命は助かります。

腹部に酷い怪我を負っていましたが、命に別状なくてよかったです!

 

それにしても、シグレンの生い立ちは想像以上に壮絶なものでした。

幼い頃に母を失い、たった一人で生き抜いてきたかと思うと可哀想でなりません。

彼がこんな酷い目に遭ったのも、設定を作ってしまったフィオナのせいだと思うと後悔する気持ちも分かりますね。

 

目が覚めたシグレンは、主人公らしく目を引くイケメンでした!

彼が必要以上に警戒しているのは、やはり今まで辛い目に遭ってきたからでしょうね。

 

強がりながらも痛みに悶絶する姿は子供らしくて可愛いです!

フィオナはシグレンの心を解きほぐす事が出来るのでしょうか?

ラスボスの私が主人公の妻になりましたネタバレ第6話最新話と感想!シグレンの生い立ちまとめ

今回は漫画「ラスボスの私が主人公の妻になりました」6話のネタバレ、感想をご紹介しました。

酷い怪我を負ったシグレンを城に連れて帰るフィオナ。

無事目を覚ましたシグレンでしたが、フィオナを遠ざけようとするのでした。

⇒ラスボスの私が主人公の妻になりましたネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!