緑陰の冠ネタバレ37話最新話と感想!ラチアの勝利

緑陰の冠

「ピッコマ」連載漫画の「緑陰の冠」37話のネタバレと感想をまとめてみました!

ラチア領へ攻め込んできたキャメロン侯爵家。

決着をつけるため、ユスタフは決闘に挑みます。

それでは「緑陰の冠」37話のネタバレと感想を紹介します! 

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ

緑陰の冠ネタバレ37話最新話と感想!ラチアの勝利

決闘

形勢がラチアに傾き始め、焦った敵は決闘を申し込みました。

ユスタフに挑んだのは、キャメロン家の長男アゴル。

実戦経験が豊富なことから余裕を見せます。

 

始まった決闘は一瞬で勝敗が決まり、膝をついたのはアゴル。

貴族だからと容赦せず、ユスタフはその場で彼の命を奪います。

ラチア家の兵士は、ラチアの勝利に雄叫びをあげるのでした。

帰還

ユスタフの帰還を知り、走って迎えに行くラン。

無事を喜んだランは思わず抱きつきます。

熱烈な歓迎に使用人たちも目を丸くして見ていました。

 

ランは、彼が以前よりも大人っぽくなっていることに気が付きます。

声は低くなり、身長がさらに伸びているユスタフ。

2人は久しぶりにゆっくり食事をとることにしました。

緑影への依頼

領地戦を宣言された3日後、ランの前に緑影第2の影が姿を見せます。

自分の知らないラチア家の諜報機関があったのだと、そのとき知りました。

影は領地戦なら心配ないこと、そして皇帝とキャメロン侯爵の取引について伝えます。

 

キャメロン侯爵は、鉱山の権利を半分渡すと皇帝に提案していました。

利益に目がくらんだ皇帝に怒りを覚えるラン。

そしてランは影に対して、第2皇子を調べて欲しいと依頼しました。

緑陰の冠ネタバレ37話感想

ラチアは形勢逆転しただけでなく、決闘にも勝利しました。

まだ18歳だと油断していたところをやられてしまったようですね。

そして自分は貴族なので命までも奪われないと思っていたのでしょう。

 

しかしユスタフは冷たい表情のまま容赦なく切り捨てました。

ラチアに攻め込んできたのはキャメロン家なので仕方ないのかもしれせん。

ただ、貴族を手に掛けたと問題になるのではと心配になってしまいます。

 

ユスタフの安否に不安を抱いていたランでしたが、彼に会って安心した様子。

周囲の目も気にせずに抱きつくあたり、ランの気持ちが現れています。

 

また、戦争中にランが緑影と接触していたことがわかりました。

どうやらランは緑影の存在について全く知らなかったようですね。

ユスタフの出費がかさんでいることと繋がり、納得していました。

 

影から聞かされたのは皇帝とキャメロン侯爵の取引。

キャメロン家が勝利すれば懐に利益が入ると、目がくらんだのでしょう。

 

謁見を断られていたランが怒るのは当然ですね。

ランは第2皇子を調べるようですが、なにか秘策を考えたのかなと思いました。

緑陰の冠37話最新話と感想!ラチアの勝利まとめ

今回は「緑陰の冠」37話のネタバレと感想を紹介しました!

領地戦はラチア家の勝利で幕を閉じます。

緑影と会ったランは、ある依頼をしました。

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ

error: Content is protected !!