緑陰の冠ネタバレ38話最新話と感想!キャメロン侯爵家の恨み

緑陰の冠

「ピッコマ」連載漫画の「緑陰の冠」38話のネタバレと感想をまとめてみました!

ユスタフはランに、第2皇子のことを調べる理由を問います。

そして皇太子とランの間に起きたことを聞きました。

それでは「緑陰の冠」38話のネタバレと感想を紹介します! 

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ 

緑陰の冠ネタバレ38話最新話と感想!キャメロン侯爵家の恨み

第2皇子

礼服の採寸をしながら、第2皇子の話題を口にする2人。

ユスタフは人払いをし、謀反でも起こすつもりなのかとランに聞きました。

ランは皇太子には皇帝になって欲しくないと話します。

 

皇太子に気に入られたことから、不躾なことばかり言われているラン。

怒りを見せるランに対し、第2皇子と会ってみようとユスタフは提案します。

ランは単純に第2皇子との親睦を深めようと考えていました。

話し合い

領地戦で決闘をしてから、ユスタフには注目が集まっています。

キャメロン侯爵家長男を斬ったのは自分だと本人の口から聞くことに。

緑影のことも話題に出ますが、ランは深く追求はしませんでした。

 

その数日後、ラチア家とキャメロン家間の補償金に関する話し合いが設けられます。

古くからの伝統のため、場所は主君のいる皇宮クリスタルホール。

注目度の高いユスタフを見ようと、大勢が集まっていました。

令嬢の怒り

ユスタフと並んでいると、多くの令嬢から話しかけられるラン。

すると遠くから、兄を返して欲しいと訴える1人の令嬢がいました。

キャメロン侯爵家の令嬢はランに近寄ると、平手打ちをしようとします。

 

その手を止め、かばうようにランを抱き寄せるユスタフ。

キャメロン令嬢は泣きながら、ラチア家を非難します。

そんな令嬢に冷たい視線を落とし、その場から去ろうとするユスタフなのでした。

緑陰の冠ネタバレ38話感想

ランは皇太子にされた無礼な言動をユスタフに話したようですね!

ランを気にかけているユスタフとしても、皇太子に対するイメージがマイナスになったことでしょう。

 

第2皇子とは、今のうちから親睦を深めようと考えているラン。

皇太子ではなく第2皇子が皇帝になって欲しいと思っているに違いないです。

第2皇子に接近することを、ユスタフは少し警戒しているようにも見えました。

 

そして領地戦でのことはすでに社交界の噂になっている様子。

18歳という若さで決闘に勝利したユスタフのことが気になって仕方ないのでしょう。

令嬢たちからの求婚が増える可能性が高いですね。

 

皇宮では、キャメロン侯爵家の令嬢がを兄の死を嘆いていました。

ユスタフには敵わないと思ってランを平手打ちしようとしたようです。

 

キャメロン家の長男が亡くなったのは戦争を仕掛けた侯爵の責任でしょう。

それをランやユスタフのせいにするのは、違うなと思いました。

とはいえ泣き崩れる令嬢の姿に、ランは心を痛めていそうですね。

 

公衆の面前で令嬢に冷たい対応を見せたユスタフ。

しかしランをかばう姿を見てさらに注目が集まったかもしれません。

緑陰の冠38話最新話と感想!キャメロン侯爵家の恨みまとめ

今回は「緑陰の冠」38話のネタバレと感想を紹介しました!

キャメロン侯爵家の令嬢は、兄を失った悲しみからランを叩こうとします。

ユスタフはランをかばうようにして引き寄せました。

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ 

error: Content is protected !!