緑陰の冠ネタバレ42話最新話と感想!大満足なピクニック

緑陰の冠

「ピッコマ」連載漫画の「緑陰の冠」42話のネタバレと感想をまとめてみました!

イルミニティ伯爵から手紙が届いたラン。

そこには、茶葉が見つかったという言葉が書かれていました。

それでは「緑陰の冠」42話のネタバレと感想を紹介します! 

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ 

緑陰の冠ネタバレ42話最新話と感想!大満足なピクニック

成長したユスタフ

手紙を読んでいるランに話しかけるユスタフ。

今日は1曲も踊れなかったとランが言ったため、ダンスに誘います。

ユスタフはランに手を差し伸べると、2人は踊り始めました。

 

新年の宴のときよりもさらに伸びたユスタフの身長。

スマートなリードもあり、さらに人気が出るのではとランは思います。

そしてユスタフはランの手を取り、部屋まで見送りました。

手紙の返事

自室に戻ったランは、イルミニティ伯爵の手紙に返事を書くことにします。

伯爵令嬢ルルの体調が戻ったことを喜ぶ一文添えるラン。

そして、探し出したルミエの対処をどうするかと考えます。

 

さすがに当主である自分が直接出向くのは危険だと思いました。

代金を支払う代わりに、必ずルミエを購入して欲しいと記します。

予想よりも早くルミエが見つかったことに安堵しながら眠りについたランでした。

キリックス侯爵夫妻

ピクニックのため、ユスタフとランはエレニア庭園へ訪れます。

生まれて初めてのピクニックに喜ぶラン。

左目に傷のあるリゼの夫カロクとユスタフも挨拶を交わします。

 

カロクは領地戦での出来事を興味深そうにユスタフへ尋ねました。

ピクニックに来たというのに、血なまぐさい話で盛り上がる男2人。

そんな2人にリゼは文句を言いながらも、楽しいピクニックを満喫しました。

緑陰の冠ネタバレ42話感想

イルミニティ伯爵からの手紙は、ルミエが見つかったという内容でしたね。

茶葉という言葉を使うのは、万が一誰かに見られても怪しまれないためでしょう。

それだけランが、ルミエの捜索を慎重に行っていることがわかります。

 

ルミエを解放しようとしているものの、自ら動くとユスタフにバレてしまうことに。

ルミエの話はユスタフにしていないため、秘密裏に行いたい様子。

このままイルミニティ伯爵を通して無事に解放できれば良いのですが…。

 

パーティや皇太子の対応で疲れていたランですが、ようやくピクニックの日がやってきました。

気心の知れた友人リゼとのピクニックは、息抜きになること間違いないですね。

 

リゼの夫であるカロクは、傷跡もあるため見た目は怖そうに見えました。

しかしユスタフとフランクに話すあたり良い人なのでしょう。

しかも2人は互いに剣術に長けていることから話が合うようですね。

 

ランとリゼが仲良しになったように、ユスタフにも良い友人ができたのかもしれません。

今後、年上であるカロクがユスタフに剣術を教えることもあるのではないでしょうか?

緑陰の冠42話最新話と感想!大満足なピクニックまとめ

今回は「緑陰の冠」42話のネタバレと感想を紹介しました!

ルミエが見つかったという手紙が届きほっと一安心したラン。

友人とのピクニックも行われ、久しぶりに息抜きができたのでした。

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ 

error: Content is protected !!