緑陰の冠ネタバレ63話最新話と感想!ユスタフへの贈り物

緑陰の冠

「ピッコマ」連載漫画の「緑陰の冠」63話のネタバレと感想をまとめてみました!

ドワーフ製の鎧を支給され、目を輝かせる騎士団。

それはミスリルが含まれた特別な仕様でした。

それでは「緑陰の冠」63話のネタバレと感想を紹介します!   

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ

緑陰の冠ネタバレ63話最新話と感想!ユスタフへの贈り物

ドワーフ製品

最高硬度のミスリルを含んだ鎧を発注したラン。

しかし今後はドワーフ製品が手に入りづらいかもしれないとユスタフに伝えます。

原因は山鳴りだと話したそのとき、ランはあることを思い出しました。

山鳴りの原因

採掘作業を再開すると黒山の星の砂、ナジウムという新たな鉱物が発見されます。

そのとき鉱泉水が吹き出しますが、同時に上級精霊を起こして怒らせる事態に。

鉱泉水はあたり一帯を飲み込み、黒山の一族は滅びてしまうのです。

 

どう対処をしたら良いかわからず悩むラン。

ユスタフへ説明もできず、少し考えをまとめることにしました。

ほっぺにキス

ふと、あることに気付き慌てたランは部屋を出ていき、花と大きな箱を持ってきます。

中に入っていたのはハレシュに依頼していたユスタフへの誕生日プレゼント。

 

ユスタフはランのほっぺにキスをし、贈り物を喜びます。

そして大切にすると笑顔を見せました。

緑陰の冠ネタバレ63感想

黒山から山鳴りがしていたのは、新たな鉱物が見つかる予兆だったようです。

ミスリルよりも軽くて強度も高いなんて、使えるようになれば重宝することでしょう。

 

しかし問題は、上級精霊を怒らせてしまうことではないでしょうか。

さすがのドワーフでも精霊の力に勝つことはできないと思います。

凄まじい勢いの鉱泉水があたりを飲み込むようなのでこれが事実なら一大事ですね。

 

ただランが気にしているとおり、原作とは異なった展開の可能性も。

一族が滅びないように避難してもなにも起こらない場合も考えられます。

とはいえランのことだから、万が一を考えて万全な準備は整えそうですね。

 

そしてようやくエルフの作った剣をユスタフに渡すことができました。

白く美しい剣はユスタフにぴったりですね。

 

贈り物をされ、素直に喜ぶユスタフが可愛く見えます。

唇近くのほっぺにキスをされ、さすがのランもドキドキしていました。

最近はすれ違っていたこともありましたが、これでさらに仲が深まりそうです。

緑陰の冠63話最新話と感想!ユスタフへの贈り物まとめ

今回は「緑陰の冠」63話のネタバレと感想を紹介しました!

エルフが作った剣を誕生日プレゼントに贈ったラン。

ユスタフは喜びのあまり、ランのほっぺにキスをしました。

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ

error: Content is protected !!