緑陰の冠ネタバレ64話最新話と感想!ランとルミエの望みとは

緑陰の冠

「ピッコマ」連載漫画の「緑陰の冠」64話のネタバレと感想をまとめてみました!

ユスタフへの誕生日プレゼントに剣を渡したラン。

祝ってもらえるとは思えなかったユスタフは素直に喜びます。

それでは「緑陰の冠」64話のネタバレと感想を紹介します!   

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ

緑陰の冠ネタバレ64話最新話と感想!ランとルミエの望みとは

ときめき

継母が来てからは誕生日祝いをされたことがなかったユスタフ。

来年の成人式はさらに盛大に祝おうとランは言います。

 

ユスタフは贈り物の剣にキスをしました。

その仕草に思わずランはときめきが止まりません。

変化する気持ち

ユスタフの主人公らしさに心を奪われそうなラン。

大賢者イブリアの絵を見ながら落ち着かせようと深呼吸します。

人の気持ちは変化するものだと、ラン自身もわかっていました。

互いの望み

ルミエに会いに行ったランは、彼の穏やかな表情を見て安心します。

これからはリリーと共に幸せになって欲しいと伝えました。

するとルミエは、主として仕えたいと望みを言います。

自慢の鎧

ルミエの望みを聞き、ユスタフに相談しようと思いました。

ランの護衛につくロスは、ドワーフの鎧に身を包み誇らしげです。

そこへユスタフがやってきました。

緑陰の冠ネタバレ64話感想

ユスタフは幼少期から、誕生日を祝ってもらえない境遇にいたのですね。

継母が意地悪をしてお祝いをしてこなかったのかなと思いました。

それなら余計、ランがプレゼントをくれたことが嬉しかったことでしょう。

 

剣にキスをする姿を見て、ドキドキが止まらないラン。

しかし、ランは自分の感情を抑えているようにも見えましたね。

ユスタフに惹かれつつあるものの、シナに譲らなくてはいけないと考えているのでは?

 

そして原作では、気性が荒い設定だったルミエ。

ランに助けてもらったおかげで性格も変わったのかもしれません。

主として仕えたいということは、このままラチアにとどまる可能性が高いです。

 

今後ルミエをどういう立場に置くのか、ユスタフに相談するつもりのラン。

これまで様々なことを1人で抱え込んでいたランですが、変わってきましたね。

ラチアにとどまるとなると、使用人か騎士団への入団がありえそうです!

緑陰の冠64話最新話と感想!ランとルミエの望みとはまとめ

今回は「緑陰の冠」64話のネタバレと感想を紹介しました!

ランがルミエに望むことは、幸せになって欲しいということ。

一方で、ルミエはランに仕えたいという望みがありました。

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ

error: Content is protected !!