その悪女に気をつけてください

その悪女に気をつけてくださいネタバレ45話最新話と感想!狩り大会終了の理由

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「その悪女に気をつけてください」45話のネタバレと感想をまとめてみました!

メリッサにウサギにされてしまい、ジェイクは混乱状態。

さらに、メリッサにずっと追いかけられ、怯えながら逃げ回るのでした。

「その悪女に気をつけてください」45話のネタバレと感想をしていきます。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ45話最新話と感想!狩り大会終了の理由

仕留められた獲物

馬に乗ってジェイクを追いかけるメリッサの左の甲には、描かれた魔法陣が消えつつありました。

メリッサはもうすぐ魔法が解けるのを察知します。

 

ちらりと、馬の横を並走する狼にアイコンタクトをするメリッサ。

その狼は魔法で毛の色を変えたナインでした。

ナインはジェイクの横から吠えて方向を変えさせます。

 

メリッサは、狼に変身したナインにジェイクを追いかけさせて行き先を誘導しつつ、正確にジェイクを目的の場所に追い込んでいたのでした。

逃げ続け、目的の場所へやってきたジェイクが飛び込んだ先には、彼の想い人のユーリがいました。

ユーリがいることに驚くジェイク。

 

その隙をついてユーリは白兎になったジェイクを片手で掴み上げ、小さなウサギを追いかけまわすのは可哀想と笑いながらメリッサに言いました。

掴み上げられたことで既に泣いていたジェイク。

さらに、ユーリの笑顔が冷えていくことに怯えて震えます。

 

可愛くて弱いものは守らないとって思いがち。

でも、当の本人には守ってほしいか聞きもしないうえ、具体的にどう守るかも教えてくれないのは問題外。

ユーリは次々と語り始めました。

 

ユーリが語る内容はまさに、ヒロインユーリと、男4人の関係そのもの。

ユーリのことを勝手に弱者だと決めつけること自体が問題だと、ユーリの指摘に、ジェイクは当惑します。

ユーリは言い終わるとポイとジェイクを投げました。

 

地面に落ちるタイミングで、ジェイクは人間に戻ります。

一体何が起きているのか、ついていけていないジェイクの前にメリッサが現れ、飛び上がりました。

ジェイクを追い込んだのはメリッサなので、ジェイクがメリッサに対して怯えるのは仕方がないことです。

 

私の『ミス』で可愛いウサギになったんだから、怖い狼から守ってあげるのが当然だとメリッサは言い張り、守ってなんて頼んだ覚えはないとジェイクは反論しました。

するとメリッサは、ウサギだってそう思うのにじゃあ人間はいいのかと言い、頼んでもないのに守るって口実でずっとつけられたらどう思うかと問われると、ジェイクは何も言えなくなってしまいます。

ジェイクと言う人物

恋愛小説の設定では、ジェイクはユーリを陰ながら静かに見守るキャラでした。

絶妙なタイミングで現れて、ヒロインを救う存在に見えましたが、それは裏を返せばいつだって逆に襲うことも出来る危険な存在にもとることが出来ました。

ジェイクはユーリに頼まれたわけでもないのに、勝手に彼女を弱いと決めつけてつけ回していました。

 

さらには写真まで勝手に撮る行為は、妄想とらわれたストーカーにすぎないと、メリッサは考えます。

座り込んだままのジェイクにメリッサは詰め寄り、好きなら直接アタックしろと言うと、ジェイクは顔を真っ赤にします。

今度はユーリがジェイクの前に立ちました。

 

にこりと笑うユーリに、ジェイクはさらに赤面し、ユーリに背を向けます。

メリッサが、ユーリの前でジェイクと喧嘩をしたことは今までにもありましたが、ユーリとジェイクが今までにちゃんと言葉を交わすのは今回が初めてとなりました。

可愛らしく笑ってジェイクの名を呼ぶユーリに、赤面したままジェイクは口を開こうとしました。

 

けれど、私はあなたをストーカーだと思ってますとばっさり言われ、ジェイクは固まります。

メリッサは首を激しく縦に振りながら見守っていました。

ジェイクがつけ回しているとメリッサがユーリに告げたときも、ユーリはジェイクのことを変態だと嫌悪の表情を浮かべていたのです。

 

小説でのユーリがどう思っているのかは分かりませんが、今の目の前にいるユーリはジェイクのことを迷惑に思っています。

心底不快で気持ち悪いし恐ろしい。

自分のことは自分で守る力くらいはある。

 

むしろあなたが一番危ない。

ユーリからここまで強烈に否定され、ジェイクは何も言えません。

もう、ストーカー行為はやめてほしい。

 

そして1億5万キロくらい遠く離れてほしいとユーリに言われ、ここでやっと自分は完全に嫌われているとジェイクは確信するのでした。

銃を地面に転がしたまましゃがみ込みジェイク。

スナイパーが銃を手放すほどのショックを受けていることに、当分立ち直ることが出来ないだろうとメリッサは思いました。

 

抜け殻のようになったジェイク。

そして、狩り大会終了の音が鳴り響きます。

こんなに早くに終わるはずがないと、不思議に思うメリッサは、急いでスタート地点へと戻りました。

新たな人物

メリッサは、抜け殻になったジェイクを引きずりながらスタート地点へと戻ります。

狩り大会が早期終了する理由として、緊急事態が起きた場合がありました。

メリッサは、人が集まる中心地にあるソレを見て、嘘でしょと呟く状態になっていたのです。

 

もう一つの理由として、まさに目の前にそびえ立つ山が指し示していました。

そこには、捕獲された様々な動物達がこれでもかと高く山積みにされていました。

小説の中でこんなことが出来る人物…。

 

その時、積みあがった動物の山からメリッサを呼びかける声がありました。

半裸で笑う狼人間のジャック・フォトンの姿。

メリッサはさらなる標的に出くわすのでした。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ45話の感想

立場を入れ替えることで、ジェイクを懲らしめる方法を実行するのはメリッサもやるなと思いました。

守ってほしいと言っていないのに、一方的にメリッサに守られることを恐怖に感じていましたからね。

 

でも、ジェイクを懲らしめるためにはぴったりな方法なのではないかと思います。

いかにユーリがこれまでに迷惑だったのかが分かったのではと思いました。

 

強引かつ優しい懲らしめ方なのではと感じました。

そして、ユーリの気持ちを聞いたことがジェイクには一番効いたのではないかと思います。

ユーリがはっきりと気持ちをジェイクに言えてよかったと思いましたが、初めてちゃんと会話することが出来た会話の内容としては相当なダメージだったと思います。

 

作中では圧倒的な狩りの成果を見せつけたジャック。

でも、今回も、原作とは展開が変わるような予感がします。

メリッサの次のターゲットはジャックですね。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ45話最新話!狩り大会終了の理由のまとめ

今回は「その悪女に気をつけてください」45話のネタバレと感想をご紹介しました!

ユーリの発言によってジェイクはトドメに感じ、撃沈してしまいます。

そして、ジャック・フォトンが獲物の山を積み上げたことによって、狩り大会が予定よりも早い時間で終了してしまうのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!