全ては勘違いだった

全ては勘違いだったネタバレ第11話最新話と感想!記憶との違い

「ピッコマ」連載漫画の「全ては勘違いだった」第11話のネタバレと感想をまとめてみました!

メモリアの糸かせを飲んで意識を失っていたドルーア。

正しい記憶が蘇った事で気付いた事とは…?

「全ては勘違いだった」第11話のネタバレと感想を紹介します!

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

全ては勘違いだったネタバレ第11話最新話と感想!記憶との違い

目を覚ますドルーア

ドルーアがお茶会に参加しなかった事で、彼女の変化に気付くノクターン。

アリスと婚約してからは家にも来なくなったし、催眠魔法が解けてきたのかもと察します。

しかし魔法をかけ直す事はできず、何が問題なのかと考えました。

 

その時、使いの者からドルーアが体調を崩して療養中だと聞いた彼は、思わずグラスを落としてしまうのでした。

 

誰かの声が聞こえ、目を覚ますドルーア。

メモリアの糸かせを飲んでから9日間も意識を失っていた事を聞きます。

買った理由がアーロンに失礼な事をしていないか思い出す為だと聞いたアロイは、何を言われたのかと問いただしました。

 

本当の理由を説明するわけにもいかず、何も言われていないと答えるドルーア。

父からはそんなに気を遣う相手なら破談にしようと言われ、破談になっては困るドルーアは大丈夫だと答えました。

9日間も気を失っていたのだから、家族の反応は当然です。

 

本当は、小説の世界に転生したと気付いた時にメモリアの糸かせを飲むべきだったと思うドルーア。

そうしていたらノクターンと深入りせずに済んだのにと後悔するのでした。

記憶との違い

メモリアの糸かせの一件で、一か月間謹慎する事になったドルーア。

返答に困る連絡を避けるいい機会だと考えます。

まず、気を失っている間にアーロンから手紙が届いていたので返事を書きました。

 

そしてお茶会当日にノクターンからの使いが来ていたと聞き、体調を崩していたと言い訳できるし返信しなくてよかったと安堵します。

メモリアの糸かせによって記憶を整理すると、色々な事が分かりました。

生き残る為にノクターンと仲良くなったのに、実際は彼のせいで命を失う羽目になっていたのです。

 

元々エドガー公爵邸に通っていたのも自分の意志だったのかと疑問に思うドルーア。

小説でも彼女はノクターンの幼馴染で、彼に洗脳されアリスの命を奪おうとした罪で極刑に課せられました。

 

今の自分も小説のドルーアのように洗脳されているのかと不安になります。

その時、ノクターンが訪ねてきたと聞き、表情を曇らせるのでした。

アーロンの疑問

その頃、ドルーアからの手紙に目を通していたアーロン。

ノクターンのお茶会と、ドルーアが意識を失った事は関係あるのかと疑問に思います。

 

元々は結婚の噂が出るくらい仲の良かった二人。

しかしいつからかドルーアが彼に恐怖を感じていた事に気付きます。

ドルーアに直接会うまでは安心できないと考えたアーロンは、彼女の元へ行くことに。

 

その時、何かが落ちた事に気付きました。

全ては勘違いだったネタバレ第11話感想

ドルーアが体調を崩して療養中だと聞き、動揺するノクターン。

アリスの予知夢では、ノクターンはアーロンたちの命を奪おうとしていたとの事ですが、本当にそうなのでしょうか。

ノクターンはドルーアの事が本当に好きでいつも気にかけているように見えるし、悪人には見えないのですが。

 

メモリアの糸かせを飲み、意識を失っていたドルーア。

勝手な行動をした事を家族に注意され、一か月謹慎する事になりました。

娘が9日間も目を覚まさなかったのだから、家族の反応は当然ですね。

 

本当の理由を言えない事で、バローズ家でのアーロンの印象が悪くなってしまって気の毒です。

娘の幸せを願う優しい両親には違いないですね!

 

今の自分も小説のようにノクターンから洗脳されているのではと怯えるドルーア。

小説のノクターンは悪人だったとしても、今の彼はドルーアを洗脳して操っているようには見えません。

洗脳魔法をかけていたとしても、自分に好意を持つように仕向けているだけではないでしょうか。

 

アーロンも完全にノクターンを警戒していますが、ドルーアに会って無事を確かめようとするところは優しいですね。

時計のような物を落としましたが、あれは一体何でしょうか。

全ては勘違いだったネタバレ第11話最新話と感想!記憶との違いまとめ

今回は漫画「全ては勘違いだった」11話のネタバレ、感想をご紹介しました。

メモリアの糸かせを飲んだ事で意識を失っていたドルーア。

アーロンは彼女に会って無事を確認しようとするのでした。

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!