全ては勘違いだった

全ては勘違いだったネタバレ第16話最新話と感想!あの日お茶を飲まなかった理由

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「全ては勘違いだった」第16話のネタバレと感想をまとめてみました!

バローズへの想いが溢れるノクターン。

過去の事件の真相が明らかになります。

「全ては勘違いだった」第16話のネタバレと感想を紹介します!

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

全ては勘違いだったネタバレ第16話最新話と感想!あの日お茶を飲まなかった理由

ドルーアへの想い

エドガー公爵邸には数百名の使用人が住んでいましたが、皆無表情で温もりは感じられません。

以前はノクターンに無関心で、彼を見下してた使用人たち。

魔法をかけられた事ですっかり変わってしまったのです。

 

アーロンが大切だから距離を置きたい、というドルーアの言葉が頭から離れません。

以前彼女からもらったカフスを取り出すノクターン。

 

ふと自分の手のひらに付いた血が目に入り、「バローズ」と何度も呼びかけます。

そして最後には「ドルーア」と彼女の名を口にしたのでした。

幼い頃のノクターン

幼い頃、ドルーアのカフスを湖に投げた日。

彼女は怒り心頭で、もう二度とここには来ないだろうと感じました。

その後、偶然会ったシェリルに自分に好意を持つよう催眠をかけたノクターン。

 

精神魔法は、まず相手の名前を呼ぶ事から始まります。

呼び方を変えると魔法の効果がなくなる可能性がある為、相手の呼び方を変えずに会う場所や時間も固定する方が確実です。

数日間シェリルと行動を共にしましたが、彼女はドルーアの代わりにはなれませんでした。

 

シェリルが帰った後、湖を覗くとドルーアが投げ込んだカフスを見つたノクターン。

ノクターンには2人の兄がいましたが、彼らとの能力の差は明らかでした。

その事に焦った兄たちは、やがてノクターンの命を狙うようになります。

 

他人の悪意に気付く事ができ命拾いしましたが、次第に魔法がないと身を守る事ができなくなっていきました。

黒魔法使いだと気付かれないように、日々気を張っていた時。

ドルーアがこの邸宅を訪れたのです。

お茶を飲まなかった理由

体裁を気にする兄たちは、ドルーアがいる間は攻撃を加える事はなく、彼女と過ごす時間だけが唯一安らげる時でした。

ある日、最高級の茶葉を持って来たドルーア。

一緒に美味しいお茶を飲みたいからと、完璧な方法でお茶を淹れてくれました。

 

上手に淹れたお茶を嬉しそうに差し出す彼女を見ると、自然と笑顔がこぼれます。

いざ飲もうとしたその時。

傍にいた使用人の表情がこわばっている事に気付きました。

 

ベロという名の使用人は、ノクターンの母親であるパトシアの部下の一人だったのです。

お茶を淹れたカップは初めて見る物で、このカップに毒が塗られていると察したノクターン。

せっかくドルーアが自分の為に淹れてくれたお茶を、ベロに飲むよう促します。

 

慌てて断るベロ。

彼の感情からは不安や恐怖など、様々な物が感じられました。

ドルーアは不機嫌そうにこちらを見ています。

まさかノクターンが母親から命を狙われているなんて、知るはずがなかったのです。

全ては勘違いだったネタバレ第16話感想

以前ドルーアにもらったカフスを見つめながら、何度も彼女の名前を呼ぶノクターン。

ドルーアの事を名字で呼ぶ事には理由がありました。

 

最後の一回は名字ではなく「ドルーア」と名前で呼んでいましたね。

ノクターンも本当は彼女の事を名前で呼びたいのでしょうね!

呼び方を変えると魔法の効果がなくなるとありましたが、そもそもドルーアには魔法がかかっているのでしょうか…?

 

秀でた能力を妬まれ、兄たちから命を狙われるノクターン。

生きる為に常に気を張っていた頃、ドルーアと出会います。

 

彼にとってはドルーアとのひと時が、唯一の安らぎだったのですね。

常に身の危険を感じながら、彼女といる時だけは安心できる。

そんな日々が続いたら、ドルーアに執着するのも納得です。

 

あの時、ドルーアの淹れたお茶を飲まなかった事にもちゃんとした理由がありました。

まさか使用人を使って、母親が実の息子の命を奪おうとしているとは。

ドルーアでなくても想像できません!

 

誰にも助けを求める事ができず、一人戦ってきたノクターン。

いつかドルーアに秘密を打ち明ける事ができたらいいですね!

全ては勘違いだったネタバレ第16話最新話と感想!あの日お茶を飲まなかった理由まとめ

今回は漫画「全ては勘違いだった」16話のネタバレ、感想をご紹介しました。

魔法の効果がなくなるのを恐れ、ドルーアの事を名字で呼び続けていたノクターン。

彼は実の母親であるパトシアから命を狙われていたのです。

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!