全ては勘違いだった

全ては勘違いだったネタバレ第17話最新話と感想!ドルーアに言えない秘密

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「全ては勘違いだった」第17話のネタバレと感想をまとめてみました!

ある秘密を抱えるノクターン。

ついにアリスとアーロンが対面します。

「全ては勘違いだった」第17話のネタバレと感想を紹介します!

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

全ては勘違いだったネタバレ第17話最新話と感想!ドルーアに言えない秘密

ドルーアに言えない秘密

なかなかお茶を飲もうとしないベロに業を煮やしたノクターン。

魔法を使い、彼がお茶を飲むよう仕向けます。

ベロは慌ててお茶を吐き出しました。

 

ドルーアに向かって、お茶が美味しくないみたいだと言うノクターン。

彼女が謝ろうとすると、ベロは慌てて部屋を出て行ってしまいます。

ノクターンが帰るように促すと、ドルーアは彼を睨みつけながら帰って行きました。

 

酷く怒っている様子のドルーア。

ノクターンはもうここには来てくれないかもと焦ります。

「ドルーア」と心の中で彼女の名前を呼びながら、また来てねと呟くのでした。

 

ドルーアを傷付けてしまい、落ち込むノクターン。

まさか実の母親から命を狙われているとは言えません。

それ以来、ドルーアは二度とお茶を淹れてくれる事はありませんでした。

アリスとの対面

ノクターンとは元々仲が良かったのではと聞くアーロン。

ドルーアは昔の話だと笑います。

 

それより聖水はどうだったかと話題を変えるドルーア。

アーロンは間違いなく本物で、純度が高く凄く高価なものだと。

ドルーアはなぜそんなものを自分にくれたのかと不思議でたまりません。

 

アーロンが帰ろうとした時、使用人からアリスが来ている事を聞いたドルーア。

アリスを待たせるように指示すると、ノクターンの事やアーロンの服に付いた血をどうやって誤魔化そうかと焦ります。

できるだけ早く二人を会わせた方がいいと考えたドルーアは、何とかなるだろうと考え、アリスを招き入れました。

 

アーロンの胸元に付いた血に驚くアリスに、修練中に負傷したのだと誤魔化します。

ドルーアは二人の様子を眺めながら、アリスはエドの正体を知らないようだと察しました。

 

帰ろうとするアーロンに、自分の香水を渡し血を拭くように勧めるアリス。

アーロンは真っ赤になってお礼を伝えます。

そしてアリスは婚約祝いだと言うと、黒魔法から身を守る宝石があしらわれたペンダントを取り出しました。

アリスへの想い

バローズ邸を後にするアーロン。

見送るアリスを見つめながら、本当の事を伝えたいと思っています。

しかし、彼女の反応を考えると、自分がエドだと明かす事ができなかったのです。

 

ペンダントにノクターンの黒魔法から身を守る効果がある事を聞いたドルーア。

アーロンも守る必要があるのかと聞くと、アリスは頷きました。

ノクターンはどこへ行ったのかと聞くアリスに、魔法を使い一番最初に帰った事を伝えます。

 

ドルーアとアーロン、そしてノクターンが同じ場所に、と呟くアリス。

ドルーアは彼女の発した言葉に驚くのでした。

全ては勘違いだったネタバレ第17話感想

なかなかお茶を飲まないベロに、魔法を使ってお茶を飲ませたノクターン。

ドルーアはノクターンがお茶を飲んでくれなかった事に腹を立てている様子。

 

一生懸命淹れたお茶をあんな風に扱われたら、ドルーアじゃなくてもショックだし腹が立つでしょうね!

母親に命を狙われている事を伝えられたら、ここまで関係がこじれる事はなかったのに。

母親の事を打ち明けるのは難しいでしょうけど、せめて大事に想っている事だけは伝えられたらいいですね。

 

ついに対面するアーロンとアリス。

アリスはアーロンの正体に気付いていないようです。

こちらもアーロンが素直に打ち明けないからこじれていますね。

 

どうして皆本音を言わないのでしょうか。

一言正体を明かせば全て解決するのに。

相手の反応を恐れてばかりでは先に進めませんね!

 

アリスが二人に送ったペンダントは、本当に効果があるのでしょうか。

彼女の発した言葉の意味とは…?

全ては勘違いだったネタバレ第17話最新話と感想!ドルーアに言えない秘密まとめ

今回は漫画「全ては勘違いだった」17話のネタバレ、感想をご紹介しました。

母親から命を狙われている事を伝えられないノクターン。

アーロンはアリスの反応を恐れるあまり、自分の正体を明かせずにいるのでした。

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!