全ては勘違いだった

全ては勘違いだったネタバレ第19話最新話と感想!幼い日の約束

「ピッコマ」連載漫画の「全ては勘違いだった」第19話のネタバレと感想をまとめてみました!

幼い頃のノクターンは、ドルーアとある約束をします。

自分の命を狙う刺客に対して彼の取った行動は…?

「全ては勘違いだった」第19話のネタバレと感想を紹介します!

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

全ては勘違いだったネタバレ第19話最新話と感想!幼い日の約束

幼い日の約束

命を奪ってはだめと言われたノクターン。

何故そんな事を言うのかと聞くと、生き物を殺すのは最低だからと答えます。

一度生き物の命を奪えば、どんどんエスカレートしてしまうのだと。

 

ノクターンが魔法をかけて虫を追い出すと、彼女はえらかったねと褒めました。

これからも約束を守ってねと微笑むドルーア。

ノクターンは照れながらも彼女と指切りするのでした。

パトシアの刺客

自室で目が覚めたノクターン。

かなり長い時間眠っていた事に気付きます。

聖水を飲んで受けたダメージを回復する為、深い眠りについていたのです。

 

その時、突然飛んできたナイフが彼の肩に突き刺さりました。

ノクターンは犯人を捕まえると、彼のフードを外しそのまま床へ投げ飛ばします。

 

動けずにいる犯人を横目に、傷口にトロールの血をかけるノクターン。

ポーションや聖水は毒になる彼にとって、トロールの血だけが唯一の治療剤なのです。

 

犯人に向かって「ブラーマン」と呼ぶと、僕が気付かないと思ったのかと尋ねました。

パトシアの命令で断れなかったと、許しを請うブラーマン。

 

元々彼はパトシアが送り込んできた手下でした。

しかし人の夢から記憶を覗く事ができるノクターンは、彼を通して母を監視していたのです。

 

ただ権力のある者に従っているだけだと思っていたブラーマンが、催眠にかかったフリをしていた事に驚きます。

またもノクターンにナイフを向けるブラーマン。

ノクターンは黒魔術で彼を拘束すると、命乞いをする彼に手を掛けようとします。

 

その時、生き物の命を奪ってはだめと言うドルーアの声が聞こえてきました。

彼女との約束を思い出したノクターンは、彼を生かしておく事にします。

そして命を落とさない程度に制裁を加えようと考えるのでした。

全ては勘違いだったネタバレ第19話感想

幼い頃、ドルーアに懇願され、絶対に生き物の命を奪わない事を約束したノクターン。

ドルーアの意図としては、小説のような結末を避ける為にこんなお願いをしたのでしょうね。

彼女の事が好きなノクターンは、この約束を素直に受け入れます。

 

聖水で受けたダメージを回復する為に眠り続けていたノクターン。

そんな彼を母親の放った刺客が襲います。

目覚めた瞬間襲われるなんて、一瞬も気が休まる事がありませんね。

 

黒魔法士の彼にとってはトロールの血だけが唯一の治療薬になります。

こうなる事を予測してトロールの血を準備していたのでしょうか。

ブラーマンを通して母を監視していたとありますし、彼に襲われる事は想定内だったのかもしれませんね。

 

再度自分を襲うブラーマンに手を掛けようとするノクターン。

幼い日の約束を思い出した彼は、ブラーマンの命を奪う事を止めます。

 

ドルーアとの約束は、彼の考え方に大きな影響を与えていたのですね。

常に命を狙われる過酷な環境に置かれながらも、彼女との約束を忠実に守っているノクターンが健気です。

単純にドルーアの事を愛しているのでは、というアリスの読みは当たっていそうですね!

全ては勘違いだったネタバレ第19話最新話と感想!幼い日の約束まとめ

今回は漫画「全ては勘違いだった」19話のネタバレ、感想をご紹介しました。

幼い頃、ドルーアと「生き物の命を奪わない」という約束をしたノクターン。

常に命を狙われながらも、未だにドルーアとの約束を守り続けるのでした。

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!