全ては勘違いだった

全ては勘違いだったネタバレ第21話最新話と感想!ノクターンの告白

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「全ては勘違いだった」第21話のネタバレと感想をまとめてみました!

会場に入ってすぐにノクターンと出くわしたドルーア。

シェリルを巡ってある事件が起きます。

「全ては勘違いだった」第21話のネタバレと感想を紹介します!

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

全ては勘違いだったネタバレ第21話最新話と感想!ノクターンの告白

突然倒れるシェリル

会場に入ってすぐにノクターンに遭遇する羽目になり、困惑するドルーア。

ノクターンはシェリルに向かって、親友のドルーアを庇うのは当然だと言い放ちました。

シェリルは泣きそうな顔で何かを伝えようとしています。

 

ノクターンの挑発に腹が立ちながらも、これでシェリルが彼を諦めてくれればと願うドルーア。

彼を愛する事には危険が伴うからです。

これからは僕の名前を出すなと伝えるノクターン。

 

彼に名前を呼ばれた途端、シェリルが突然苦しみ出しました。

混乱する中、アリスと目が合ったドルーア。

アリスはノクターンの仕業だと目で訴えています。

ノクターンの忠告

取り乱すエルフォードを落ち着かせると、ノクターンはシェリルに向かって手をかざしました。

魔法の道具で眠らせたのです。

シェリルを抱きかかえお礼を伝えるエルフォードに、これからは僕たちに関わらないでくれと忠告します。

 

シェリルたちが去った後、混乱に乗じて逃げようとするドルーアでしたが、ノクターンに呼び止められてしまいました。

心配そうに見つめるアリスに目配せすると、彼の後に続くのでした。

ノクターンの告白

バルコニーに連れて来られたドルーアは、用件を聞きました。

シェリルが突然倒れた理由や、その事に僕が関わっているのか知りたくないのかと聞くノクターン。

 

何かしたわけではなく、彼女の洗脳を解いただけだと伝えます。

彼の口から洗脳という言葉を聞いたドルーアは激しく動揺するのでした。

全ては勘違いだったネタバレ第21話感想

会場に入った途端にノクターンと遭遇したドルーア。

ノクターンはシェリルを冷たく突き放します。

絶対に会いたくないと思っていたのに、会場に入って早々遭遇するなんて運が悪すぎますね!

 

シェリルはノクターンに想いを寄せていましたが、これだけこっぴどく突き放されたらさすがにもう近寄らないでしょう。

連れのエルフォードは彼女に好意を持っているように見えるので、ノクターンは諦めてこちらに目を向けて欲しいですね!

 

ノクターンに名前を呼ばれた途端に倒れるシェリル。

以前、名前を呼ぶ事が洗脳の合図になるとの説明があったはずなので、あの場面で彼女にかかっていた洗脳が解けたのでしょうね。

アリスは心配そうに見ていましたが、アーロンは一体どこへ…?

 

久しぶりにノクターンと向き合う事になったドルーア。

彼はあっさりとシェリルへの洗脳を認めましたが、何か考えがあるのでしょうか。

全ては勘違いだったネタバレ第21話最新話と感想!ノクターンの告白まとめ

今回は漫画「全ては勘違いだった」21話のネタバレ、感想をご紹介しました。

ノクターンにバルコニーへと連れ出されたドルーア。

シェリルへの洗脳を認める彼に困惑するのでした。

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!