全ては勘違いだった

全ては勘違いだったネタバレ第23話最新話と感想!ノクターンの苦悩

「ピッコマ」連載漫画の「全ては勘違いだった」第23話のネタバレと感想をまとめてみました!

ドルーアと昔のような関係に戻りたいと願うノクターン。

彼の想いはドルーアに伝わるのでしょうか…?

「全ては勘違いだった」第23話のネタバレと感想を紹介します!

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

全ては勘違いだったネタバレ第23話最新話と感想!ノクターンの苦悩

その頃のアーロン

その頃アーロンは、両親と談笑していました。

急に周りが騒がしくなり、声のする方を見てみると、ドルーアとノクターンの姿を見つけます。

アーロンは彼らの元へ向かおうとしましたが、両親から引き留められてしまいました。

 

ノクターンが一緒なのだから行く必要がないと。

もうすぐ破談するのだから、バローズの名誉を考えるように諭されたアーロン。

ノクターンが黒魔法使いだと明かすわけにもいかず、困り果てます。

 

その時、大声でシェリルの名を呼ぶ声が聞こえてきました。

何事かと覗くと、エルフォードがシェリルを抱きかかえて出口へ向かっています。

アーロンは何が起こったのか分からず、困惑するのでした。

ノクターンの苦悩

二人の関係について答えられない事を責めるドルーア。

ノクターンはアリスに一体何を言われたのかと尋ねます。

一体どうすればまた以前のように接してくれるのかと。

 

ドルーアは、あなたの事が怖いから信じる事はできないと伝えます。

そしてノクターンよりもアリスやアーロンの言葉を信じると。

あなたの本心が分からないのだと訴えました。

 

ドルーアがもう以前のような関係に戻るのは無理だと伝えようとしたその時。

手すりが壊れ、ドルーアが落下しそうになります。

慌てて彼女を抱き留めるノクターン。

 

またペンダントが光輝き、ノクターンを攻撃し始めました。

攻撃を受けながらも、彼は決して手を放しません。

ドルーアを引き上げたと同時に手すりが崩れ落ちました。

 

役目を終えたペンダントが砕け散り、ドルーアは思わず座り込んでしまいます。

ノクターンは言葉で伝わるなら、最初からここまで来ていなかったと。

本心を伝えても、またお前は逃げるだろうと頭を抱えるノクターン。

 

ドルーアは、攻撃を受けながらも必死に自分を助け上げたノクターンの姿が偽りだとは思えず混乱します。

お茶会の応接室でアーロンに手を掛けようとしたのかと尋ねるドルーア。

ノクターンは、僕は人の命を奪ったりしないと。

 

そしてドルーアが大切に思っている人を傷付けたりしないと答えます。

ノクターンはそのまま立ち去っていきました。

ドルーアの本心

ノクターンと入れ替わりでバルコニーにやってきたアリス。

座り込むドルーアを見て、何があったのかと抱きしめます。

 

長い年月を共に過ごしても、ノクターンの事を信じられなくなってしまったドルーア。

どんなに傷付けられたとしても、それでも本心は彼を信じたいのだと気付き、思わず涙を流すのでした。

全ては勘違いだったネタバレ第23話感想

ドルーアとノクターンの姿を見つけたアーロンは彼らの元へ行こうとしましたが、両親に引き留められてしまいます。

アーロンの姿が見えないと思っていたら、両親と談笑していたのですね。

運ばれて行くシェリルを見ながら、何を感じたのでしょうか。

 

どうすれば昔のような関係に戻れるのかと訴えるノクターン。

ドルーアはもうあなたを信用できないから元の関係には戻れないと伝えます。

ノクターンはただ昔のように仲良くしたいだけなのに。

 

アリスを始め、周りからある事ない事言われてドルーアから引き離されて気の毒です。

バルコニーから落下しそうになったドルーアを必死に助けたのも、偽りの姿とは思えません。

 

ノクターンを攻撃した事によって砕け散ったペンダント。

砕け散る程激しく攻撃したのだから、ノクターンも結構なダメージを受けていそうです。

それでも手を離さなかったという事は、彼はただ単純に愛する人を助けたかっただけではないでしょうか。

 

ノクターンの事が信じられないと言いながらも、本心は彼を信じたいドルーア。

登場人物全てが素直じゃないですよね。

 

ノクターンも遠回しながら本心を伝えているのだから、彼をもう一度信じてあげたらいいのに。

ノクターンが必死にドルーアを守った事で、彼女の心に変化はあるのでしょうか。

全ては勘違いだったネタバレ第23話最新話と感想!ノクターンの苦悩まとめ

今回は漫画「全ては勘違いだった」23話のネタバレ、感想をご紹介しました。

昔のように戻りたいと言うノクターンを突き放すドルーア。

彼が必死に自分を助けた事で、本音は彼を信じたいのだと気付き涙を流すのでした。

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!