サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ102話最新話と感想!真実を暴くための作戦

スポンサーリンク

ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」102話のネタバレと感想をまとめてみました!

貴婦人たちを味方につけるため、社交界という戦場で戦うカナリア。

それぞれが情報収集していると、パーティのスペシャル講演が始まりました。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る102話のネタバレと感想を書いていきます!

⇒よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ一覧へ

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ102話最新話と感想!真実を暴くための作戦

スペシャル公演

噂好きの要注意人物として有名なダルトン公爵夫人と交流をしていたカナリアは、でたらめな噂が流れていることを知りました。

その噂とは、セザールが皇帝陛下の実子ではないという内容です。

笑顔で噂を否定しつつも、心のなかでは呆れ返っているカナリア。

 

社交界で話し続けること4時間、さすがのカナリアも疲労でヨボヨボ歩いているとセザールにぶつかりました。

互いの報告をしあっていると、会話を避けている貴族が多いとセザールは言います。

ただランカスター家主催のパーティに来るということは、どちらの味方でもないだろうと予想しました。

 

すると会場がざわつき始めたため、スペシャル公演の時間となったことがわかります。

そして帝国人気NO1のオペラ歌手であるルナ・シンクレアがステージに登場しました。

ルナを見に来るだろうとカナリアたちが待ち望んでいるのは、ブラウン子爵の息子です。

主治医の弱点

今回のパーティの狙いは、貴族たちを団結させるためだけではなくある真実を暴くためでした。

オスカーは、ジェラルドがファーンハム家先代当主をあやめたときに手伝っていたはずなので犯罪者ということになります。

犯罪者は皇位を継ぐことができないため、このことの手がかりを探ることにしたカナリア。

 

先代当主の死は秘密裏に処理されたましたが、死因の嘘をついた主治医の情報を得ることが出来ました。

その主治医とはブラウン子爵という名であり、もともとは平民だったとのこと。

しかしジェラルドが侯爵になったとたんに子爵の地位をもらったことがわかったため、彼は買収されて嘘の証言をしたのだと気付きました。

 

ブラウン子爵はすでにファーンハム家の手先であるため、カナリアは別の弱点を探します。

そして見つけた弱点こそが、オペラ歌手ルナの熱狂的ファンであるブラウン子爵の息子グレン・ブラウンでした。

 

彼には社交界でとある噂が流れており、カナリアはその真意を確かめたいと思っています。

ルナがステージから離れたのを見たグレンは、キョロキョロとあたりを見回すとどこかへ走っていきました。

怪しい行動

その頃それぞれの貴族に挨拶を終えて、ふと広間に目をやるグレイシー。

親しげに話すラヤとセリアナから目が離せないでいると、わざとセリアナがシャンパンをこぼす場面を見てしまいました。

 

ラヤの洋服が汚れてしまったので着替えを手配すると言い、強引にゲストルームへと連れて行こうとするセリアナ。

気にしないで欲しいとラヤは言いますが結局断ることができず、彼女の好意に甘えることとなりました。

 

その一部始終を上から見ていたグレイシーは、セリアナが何を企んでいるのかと考えます。

そして持っている扇子に力をこめると硬い表情を見せたのでした。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る102話感想

噂好き要注意人物はとんでもない噂をさらに広めようとしていたので、それを防ぐことができて良かったですよね。

親しくしておく必要があるとはいえ、4時間も喋りっぱなしとは社交界嫌いのカナリアにはきつかったに違いないです。

 

スペシャル公演では人気のオペラ歌手を招いたのとのことですが、高いギャラとはどれほどのものなのでしょう…。

そんな推し歌手を見ることができるとなれば、ファンは確実にくるでしょうね。

もともと現代に生きていたヒロインだからこそ思いつく作戦だなと感じました。

 

熱狂的なファンで社交界にも流れるような噂になることと言えば、やはりストーカーとしか思えません。

そうであれば、グレンにはしっかり罰を与えて欲しいところです。

 

もしも弱点をつくことができてブラウン子爵が白状するとなれば、オスカーは確実に皇位継承はできないですよね。

それどころか、ジェラルドも先代当主をあやめた罪に問われてファーンハム家の存続すら怪しくなります。

もし真実を暴くことができればファーンハム家の脅威もなくなり、平和な帝国が訪れるのかもしれません。

 

最後の場面ではグレイシーがかなりラヤを意識していることがわかりましたが、それが恋心なのかまだ微妙なところ。

しかし彼女の性格的に黙ってみているだけとは思えないので、2人を追いかけていくのでは?と思いました。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ102話最新話と感想!真実を暴くための作戦まとめ

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る102話のネタバレと感想を紹介しました!

貴族たちを味方につけるだけでなく、ファーンハム家の真実を暴くための罠をパーティに仕掛けたカナリア。

その罠に引っかかったブラウン子爵の息子は、怪しい行動をとり始めました。

⇒よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!