よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ112話最新話と感想!皇位継承の辞退

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」112話のネタバレと感想をまとめてみました!

証拠となる遺言書を前にしても、偽物だと言いはり罪を認めないジェラルド。

そこへ、さらなる証拠を持ったあの2人が現れると…?

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る112話のネタバレと感想を書いていきます!

⇒よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ一覧へ

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ112話最新話と感想!皇位継承の辞退

扉の先には

ファーンハム家の嫡男であるリカルドに爵位を譲る、という遺言書が確認されると議会はざわつきます。

先代が亡くなった当時、爵位継承があまりに早く進められたことに違和感を感じたことを思い出した者も。

また、生前元気だった先代が持病で亡くなったと聞いて疑問に思った者もいたのでした。

 

ルイスとともに引きずり下ろすつもりなのかとカナリアを睨んだジェラルドは、遺言書は偽造であると主張します。

そして、嫡男がいるにも関わらず元老たちはなぜ私に爵位を継承させたのか、と逆に質問しました。

あと証拠が1つあれば、とカナリアが手に力をこめたそのとき議会の扉が開きます。

 

現れたのは、ファーンハム家嫡男であるリカルドと彼を助けに行っていたセザール。

元老たちは、家門の悪行を嫌うものでなく使いやすい手駒であるジェラルドを選んだからだ、とジェラルドの質問に答えます。

証拠となる帳簿

議会に来る途中襲ってきた盗賊について調べて欲しいとセザールは言うと、着席を促されました。

彼はカナリアの前へ行き、来るのが遅くなったことを詫びます。

そんなセザールに対して、来てくれたことに感謝を伝えるカナリアでした。

 

突然現れたリカルドの存在によって再び議会はざわつき、家門の悪行とはなんなのかと話し出す貴族たち。

彼が来たことで険しい表情を見せたジェラルを横目に、家門が犯した罪の証拠を出すリカルド。

 

それは、これまで帝国と戦争してきた敵国の帳簿。

その帳簿の中には、ファーンハム家が敵国に武器を納品してきた詳細が記されています。

慌てたジェラルドは、そんな話は嘘だと声を荒げました。

 

悪行を働いてきたジェラルドのそばにいたオスカーが皇帝になっていいわけがないとリカルドは主張します。

それでも嘘だといいはるためファーンハム家の地下室を公開して欲しいと言うと、ジェラルドの表情が変わりました。

オスカーの覚悟

地下室には敵国に納品する武器があり、自分がもっている帳簿と同じものがあるはずだと言うリカルド。

セザールも、議会を続けるよりも証拠を調べるべきだと手をあげました。

その言葉に他の貴族たちも、ファーンハム家を調べるほうが先だと言い始め、意見がまとまりかけます。

 

そのとき言葉を発したジェラルドは、屋敷を強行捜査するならばファーンハム家の私兵を使ってでも阻止すると言いました。

オスカーがジェラルドを止めようとしましたが、もう彼は止まりません。

領地内で戦争が起きることになるとセザールは非難したものの、皇室が理不尽な対応をしたからだと譲らないジェラルド。

 

このままでは先代と同様に血を流す争いになりかねないとカナリアが目をつむったそのとき、発言をしたのはオスカーでした。

オスカーはこれまでのファーンハム家の悪行を全て認めただけでなく、自分には皇位を継承する資格がないと言い放ちます。

それは、ジェラルドがこれ以上道を外すところを放っておけないというオスカーの思いでした。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る112話感想

遅れていたリカルドとセザールが登場したおかげで、議会はさらに有利に進むことになります。

彼らの足止めをしていた盗賊とは、議会にこさせないようジェラルドが手を回したのかなと思いました。

数多くの盗賊がいたかと思いますがセザールが助けに行ったことで難を乗り越えたのでしょう。

 

リカルドは敵国を巡って、証拠となる帳簿を集めていたに違いありません。

武器を敵国に納品するというのは帝国への裏切りですから、これが認められたらファーンハム家は終わりですよね。

 

しかしそれでも認めようとしないジェラルドは、もはや意地になっているとしか思えませんでした。

しかも地下室を調べるなら私兵を使ってでも阻止するだなんて、とんでもないことです。

カナリアが不安に思うようにやはり武力でしか解決できないのかなと思ってしまいました。

 

そこでまさかのジェラルドを裏切ったのは、オスカー!

前話で、自分が消えるしかないとカナリアに言っていたのはこのことだったのでしょう。

ジェラルドが暴走し続けるなら、皇位継承を辞退するつもりだったのですね。

 

オスカーの行動に驚いていたジェラルドですが、このまま大人しく引き下がるとは思えません。

地下室を捜索しようものなら、本当に武力行使する可能性があります。

オスカーに説得されて素直に罪を認める展開になって欲しいなと思いました。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ112話最新話と感想!皇位継承の辞退まとめ

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る112話のネタバレと感想を紹介しました!

敵国に武器を納品していた証拠となる帳簿を議会に提出したリカルド。

後がなくなったジェラルドは武力行使しようとしますが、そのとき自ら皇位継承を辞退したのはオスカーでした。

⇒よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!