よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ82話最新話と感想!生きる理由

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」82話のネタバレと感想をまとめてみました!

イーサンは皇子に誓った通り、命を懸けてカナリアを守る覚悟です。

かつて孤児だった頃、生きる理由を見失ったイーサンは、セザールに救われました。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る82話のネタバレと感想を書いていきます!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ82話最新話と感想!生きる理由

イーサンの過去

二コラ子爵は孤児のための学校を作り、教育を施していました。

傍から見ればお金持ちの貴族の慈善事業ですが、その実態は孤児を傭兵として育てる養成所だったのです。

 

剣術に長けていたイーサンは子爵に気に入られ、他の子供よりも多くの任務をこなしました。

当時のイーサンは二度と捨てられたくないという思いで一杯だったので、子爵の指示を疑うこともありません。

 

学校の目的がバレた時、子爵は子供たちを校舎に閉じ込めて放火しました。

再び捨てられて生きる理由を失ったイーサンは、逃げる気にもなりません。

 

そこへ助けにきたのがセザールでした。

セザールは、自分を手伝うことを生きる理由にして欲しいと言います。

 

自分がしてきたことを打ち明けた時も、セザールは責めることはありませんでした。

その代わり、護衛騎士としてカナリアを守って欲しいと頼まれたのです。

逃げるカナリア

カナリアは、イーサンを置き去りに逃げるくらいなら自分が捕まった方がいいと言いました。

しかしイーサンは、命を懸けてカナリアを守るという皇子への誓いを守れるよう、カナリアに逃げて欲しいと言います。

 

イーサンの覚悟に動かされ、カナリアはイーサンが兵士を足止めしている間に逃げることを決意しました。

カナリアは、必ず無事に戻ってくるよう、イーサンに命令します。

イーサンは、皇子夫妻はいつも自分の生きる理由を作ってくれると感じました。

 

皇宮の森を裸足で走っていくカナリアを、警備兵が追ってきていました。

カナリアは必死に走りながら、皇宮の出口に向かいます。

 

背後から警備兵の放った矢が腕に当たり、カナリアは倒れました。

倒れたカナリアの前に二人の兵士が立ち塞がります。

 

カナリアは、命を失う前に一目セザールに会いたかったと涙を流しました。

その時、誰かが二人の兵士を斬り倒し、カナリアを助け起こします。

 

それは、セザールでした。

セザールは遅くなったことを詫びながら、カナリアをぎゅっと抱きしめます。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る82話感想

セザール、どうにか間に合いましたね!

これでとりあえず、カナリアの命は守られました。

グレイシーは、目的の人物を捕まえることができたのでしょうか。

 

カナリアが命を落とすことにならなくてよかったです。

そんなことになれば、ノアの心の傷がどれほどのものになるのか、想像もつきません。

その上、怒り狂ったセザールが何をするか、考えるのもオソロシイ…。

 

イーサンは幼くして絶望のさなかにいたとき、セザールに救われたのですね。

イーサンが、セザールのために命を懸ける理由が分かりました。

 

彼にとっては、セザールはまさに神のような存在でしょう。

皇宮に残ったイーサンは、無事に抜け出すことができたのでしょうか?

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ82話最新話まとめ!生きる理由

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る82話のネタバレと感想を紹介しました!

皇宮の森の中を必死に逃げるカナリアですが、ついに警備兵に捕まってしまいます。

ここまでと諦めたとき、セザールが現れ、警備兵を斬り倒しました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!