ガラスの温室の公爵夫人

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第1話最新話と感想!レイナの誓い

「ピッコマ」連載漫画の「ガラスの温室の公爵夫人」第1話のネタバレと感想をまとめてみました!

辛く悲しい人生を送っていたレイナ。

絶望の中命を失った彼女が、最愛の我が子「エル」を身ごもった過去に戻り、人生をやり直す物語です。

「ガラスの温室の公爵夫人」第1話のネタバレと感想を紹介します!

⇒ガラスの温室の公爵夫人のネタバレ一覧へ

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第1話最新話と感想!レイナの誓い

レイナの誓い

ある晩、一人の女性がうなされています。

夢の中の彼女は、我が子の名を呼びながら涙していました。

目を覚ました彼女の頬は涙で濡れています。

 

毎晩同じ夢を見てうなされる彼女。

大きく膨らんだお腹を撫でながら、もう繰り返さないと誓いました。

新たな人生と喜び

彼女の名はレイナ・ヒスビリアン。

ヒスビリアン公爵家の公爵夫人で、もうじき生まれる我が子「エル」との対面を心待ちにしています。

彼女は辛い過去から蘇り、エルを身ごもった時に生まれ変わっていたのです。

 

一度は命を失った身ですが、エルとまた出会える事。

そして前世とは違い、精霊のウンディーネに出会った事に喜びを感じています。

前世でのレイナは無力で、自分自身も愛するエルも守る事ができなかったのです。

崩れ落ちる幸せ

幼い頃の事を思い出すレイナ。

彼女はヴィノシュトの小領主である父と、大公令嬢である母との間に生まれた一人娘です。

皇族に次いで身分が高く、仲の良い両親の愛情を一身に受け幸せに暮らしていました。

 

ある日、母と弟と共に祖父の元へ向かっていたレイナ。

祖父へのプレゼントを手に、彼の喜ぶ顔を思い浮かべていました。

いつもと変わらない、母と弟と過ごす幸せなひと時。

 

突然大きな音を立て、彼女たちの乗る馬車が大きく傾きました。

この出来事により、レイナの幸せは崩れ去ったのです。

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第1話感想

毎晩同じ悪夢にうなされるレイナ。

彼女の夢には、若い男女と幼い男の子の姿がありました。

 

若い男性は夫、幼い男の子は「エル」だとして、若い女性の正体がわかりません。

この二人がレイナを絶望の淵に突き落としたのでしょうか。

 

エルを身ごもった直後に生まれ変わったレイナは、また我が子に会える喜びをかみしめています。

一度命を失いましたが、エルが生まれる前に戻ったのですね!

その瞬間に戻ったのは、彼女がエルに対して何らかの後悔があったからでしょうか。

 

精霊ウンディーネと出会ったとありましたが、彼女は心強い味方になってくれそうですね!

前世では力がなかったというレイナ。

新しい人生では自分自身もエルも守る事ができますように。

 

幼い頃は幸せに過ごしていたレイナでしたが、ある出来事で運命が変わる事に。

乗っていた馬車が事故に遭ったように見えましたが、誰かが命を落とす事になるのでしょうか。

ひたすら暗い1話でしたが、これから救いのある明るい展開になるといいのですが…。

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第1話最新話と感想!レイナの誓いまとめ

今回は漫画「ガラスの温室の公爵夫人」1話のネタバレ、感想をご紹介しました。

一度命を失ったレイナは、最愛の我が子「エル」を身ごもった過去に戻っていました。

レイナは辛い過去の記憶を振り返りながら、同じ過ちを繰り返さないと誓うのでした。

⇒ガラスの温室の公爵夫人のネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!