ガラスの温室の公爵夫人

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第2話最新話と感想!父の豹変

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ガラスの温室の公爵夫人」第2話のネタバレと感想をまとめてみました!

不幸な事故により、レイナの人生は一変する事に。

父が彼女にした仕打ちとは…?

「ガラスの温室の公爵夫人」第2話のネタバレと感想を紹介します!

⇒ガラスの温室の公爵夫人のネタバレ一覧へ

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第2話最新話と感想!父の豹変

母との別れと父の豹変

大きな音を立て、傾く馬車。

レイナは車外に投げ出される母と弟を見ながら、ただ震える事しかできませんでした。

 

あの事故で弟は片腕に大きな怪我を負い、母は命を落とす事に。

父は周囲の制止も聞かず、母が命を落としたのはお前のせいだとレイナを攻め立てます。

ただ一人、祖父だけがレイナの味方でした。

一変する生活

母が命を失ってから、レイナの生活は大きく変わりました。

大怪我を負った弟は治療の為家を空ける事が多くなり、レイナは父によって離れの屋敷に追いやられます。

ただ一人味方だった祖父も旅立ち、感情を押し殺し耐えるレイナ。

 

彼女はいつの間にか睡眠薬なしでは眠れなくなっていました。

毎晩父に責められる夢を見るのです。

 

母が命を失ったのも、弟の片腕が不自由になったのも全てレイナのせいだと責め立てる父。

いつからか、全てお前が呪われているからだという父の言葉で目を覚ますのが日常になっていました。

僅かな期待と大きな絶望

ある日、ずっと首都にいた父が帰宅したと聞いたレイナ。

ほのかな期待を抱きながら、父に会いに行く事にします。

今日帰って来たのは、きっと自分の事を想ってくれたからだと。

 

しかし、彼女の期待も虚しく冷たい言葉で彼女を追い出す父。

レイナはどうしたら許してくれるのかと聞きたい気持ちを押し殺します。

レイナが絶望感に打ちひしがれたその日は、彼女の誕生日だったのです。

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第2話感想

あの事故で母は命を失い、弟は片腕が不自由に。

母は弟をかばって車外に投げ出されたように見えましたが、命を失ってしまったのですね。

不幸な事故であってレイナのせいではないのに、娘を激しく責め立てる父親が信じられません。

 

唯一の味方である祖父も命を失い、睡眠薬なしでは眠れなくなるレイナ。

祖父が旅立った事により、レイナの味方は誰もいなくなってしまいました。

父も弟も家を空けるようになり、一人離れに追いやられるなんて辛すぎます。

 

毎晩父に責められる夢で目を覚ますレイナ。

あの優しい父親はどこへいってしまったのでしょうか。

レイナの事を呪われていると罵っていましたが、彼の方がよっぽど呪われていそうです。

 

父が誕生日を思い出して帰って来てくれたと期待するレイナ。

レイナの期待も虚しく、父は暴言に暴力で彼女を追い出します。

レイナは額に傷まで負い、最悪な誕生日になってしまいましたね。

 

この経験から、彼女はどこか無気力な人間になってしまったのでしょうか。

ひたすら救いのない展開ですが、そろそろレイナが報われて欲しいです。

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第2話最新話と感想!父の豹変まとめ

今回は漫画「ガラスの温室の公爵夫人」2話のネタバレ、感想をご紹介しました。

不幸な事故により、レイナの生活は一変する事に。

父はレイナを呪われていると忌み嫌い、彼女は味方もなく一人絶望の中過ごすのでした。

⇒ガラスの温室の公爵夫人のネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!