悪女の定義

悪女の定義ネタバレ105話最新話と感想!言いがかりの嵐

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」105話のネタバレと感想をまとめてみました!

賭け事をすることになった芙美。

それを聞いたアイリーンと皇后からの言いがかりが止まりません!

悪女の定義105話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ105話最新話と感想!言いがかりの嵐

賭けの内容

第五皇子と踊りながら、芙美は断るべきだったと心の中で思います。

しかし最初は必死だった第五皇子も、徐々に落ち着きを取り戻し、曲の終盤ではまた以前のような気軽な関係に戻っていました。

 

芙美の頭に疑問は残りますが、ラフに話せることに芙美はホッとします。

狩猟祭が中止になり、狩りの獲物を渡せていないと言う第五皇子に、楽しみにしていると返します。

 

ふと視線を感じ振り向くと、とても不機嫌そうな皇太子の姿がありました。

体調が悪いと言ってダンスを断ったことを思い出しますが、皇太子もアイリーンと踊ったのでおあいこだと開き直ります。

飲み物を取りに行くと言いその場を離れましたが、いろいろな人に振り回された芙美の体力はそろそろ限界です。

アイリーンと皇后の登場

飲み物を飲んでいると、アイリーンと皇后が現れます。

体調を気遣いますが、手紙をよこしたアイリーンとは天と地ほどの差だと返され、アイリーンは芙美も大変な目に会ったばかりだとフォローします。

言いがかりをつけられ、いい子アピールのだしにされた芙美は、苦笑いを浮かべました。

 

その後も皇后とアイリーンは、皇太子が芙美を助けたことや、芙美がセオフェル伯爵と賭けをすることについて話題を出し、言いがかりをつけます。

鉄の使い道はとても重要なため、軽々しく賭けで扱うわけにはいかないと非難するアイリーンですが、鉄が水に浮くかについての賭けを行っただけです。

 

皇后はセオフェル伯爵に無礼を犯したと厳しい口調で責めますが、芙美は自分に対する伯爵の態度は無礼ではないのかと聞き返しました。

相手が自分を見下しているのに、微笑んで話を合わせるのは、礼儀正しさではなく卑屈だと言い切ります。

仕組まれた問答

皇后は恐ろしい表情を浮かべ、狩猟祭の時に出来なかった問答を始めます。

人々がざわめく中、皇后はアイリーンを名前で呼び、皇后の重要な徳目は何だと考えるかと問いかけます。

 

公正であることだと答え、造船事業でも公正さが大切だと話すアイリーンは、芙美の侍女長の商団が、船舶業界で名を知られた存在だと言い出しました。

関係のないこじつけをされた芙美は、アイリーンの言葉を遮ろうとしますが、皇后が芙美の行動を制します。

アイリーンの答えを懸命だと褒め、帝国の未来が楽しみだと微笑みました。

 

アイリーンを上回る答えをしようと構える芙美ですが、皇后は芙美には質問せず、宮へ戻った方が良いのではないかと言います。

芙美には回答権も与えず、ただアイリーンを褒めこの場を終わらせようとする皇后に、初めからそれが目的だったのだと気が付きました。

悔しさから唇を噛みしめる芙美ですが、それなら自分が宮へ送り届けようと、皇太子の声が響きます。

悪女の定義105話感想

第五皇子と踊り、心身ともに疲れてしまった芙美。

そんな芙美に、皇后とアイリーンからの攻撃が始まります!

 

皇后とアイリーンは本当に悪女ですね!

アイリーンは特に、自分一人では何もできないにもかかわらず芙美に散々言いがかりをつけており、怒りを通り越して呆れます。

皇后は権力はありますが、問答を行う場で芙美に回答剣を与えないのは、読んでいてとても腹が立ちました!

 

こんな人が皇后とレジーナなら、芙美でなくても誰でも選ばれそうだと思ってしまいます。

芙美が皇后になったとき、帝国がどれほど改善されるか楽しみですね!

 

第五皇子と踊った芙美は、皇太子への申し訳なさを感じていました。

大ピンチに助けに来てくれた皇太子と、仲直りが出来るといいですね!

悪女の定義ネタバレ105話最新話と感想!言いがかりの嵐まとめ

今回は、「悪女の定義」105話のネタバレと感想を紹介しました!

皇后とアイリーンに虐められる芙美。

皇太子がうまく場をおさめてくれるのか、今後の展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!