ガラスの温室の公爵夫人

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第21話最新話と感想!ヴィノシュト公爵の提案

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ガラスの温室の公爵夫人」第21話のネタバレと感想をまとめてみました!

今回は前世でレイナが亡くなった後の話です。

レイナがいなくなった後、エルたちはどのように過ごしたのでしょうか。

「ガラスの温室の公爵夫人」第21話のネタバレと感想を紹介します!

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ一覧へ

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第21話最新話と感想!ヴィノシュト公爵の提案

エルの怒り

15年ぶりにエドハールの元を訪れたエル。

あなたのせいで実母の最期も看取れなかったと。

そして実母の命を奪った女を母親だと信じて過ごしてきた事を責め立てます。

 

表情を変える事もなく佇むエドハール。

エルは、自分は気が狂いそうなのに何故平気な顔をしていられるのかと激高しました。

そしてエドハールをレイナを放置していた離れに閉じ込めたのです。

 

エルは母親の力を受け継ぎ、誰よりも素晴らしい精霊術師になりました。

しかし、狂気に支配された彼は、祖国に背を向け敵国に取り入ってしまったのです。

エドハールは、これも全て自分のせいだと理解していました。

閉じ込められたエドハール

エドハールが閉じ込められた離れは、全ての通路が塞がれ、食料もありません。

そして彼自身が生きる意思を失っていました。

その時、ソファに座り込むレイナの姿を見つけます。

 

エルもこんな風に精霊に再現されたこの離れで、レイナの人生を見ていたのかと考えるエドハール。

レイナの隣に腰を降ろすと、彼女の人生に想いを馳せるのでした。

ヴィノシュト公爵の提案

愛人の子供として生まれたエドハールは、いつも異母兄弟から疎まれ、邪魔者扱いされながら育ちました。

リンテスの昇爵パーティーで、義兄の露骨な態度に嫌気がさしたエドハール。

一人庭園を歩いていた彼は、温室を見つけます。

 

手入れもされずに放置された温室に違和感を覚えながら中に入ると、一人の女性の姿が。

黒いドレスを身にまとい、憂鬱な顔をしたピンク色の髪の女性。

すぐさまヴィノシュトの令嬢であるレイナだと気付きました。

 

「呪われている」と言われながら生きてきた彼女と、自分の姿が重なります。

エドハールは、気付けば彼女に声を掛けていました。

自分の人生を生きろと。

 

後日、ヴィノシュト公爵から、レイナと結婚すれば爵位継承の手助けをすると言われたエドハール。

その代わり、レイナに絶対に愛情を注ぐなと念押しされます。

それを守ってくれれば、君の望むものを全て与えると提案されるのでした。

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第21話感想

レイナが亡くなった後、すっかり狂気に支配されてしまったエル。

レイナの想いとは裏腹に、エルは不幸な人生を送ってしまったようですね。

エドハールを責め立てていますが、あれから二人に何があったのでしょうか。

 

エルによって離れに閉じ込められたエドハール。

エルが再現したレイナの人生は、少し見ただけでも悲しいものでした。

彼女が何を思いながらこの場所で一人過ごしたのかと思うと…。

 

精霊に再現されたレイナの人生を見たエル。

彼は母の最期を見て何を思ったのでしょうか。

母親のフリをしていたモニカにも怒りを覚えますね!

 

レイナに愛情を与えないように念押しするヴィノシュト公爵。

エドハールがレイナに冷たく接していたのは、父親からの命令だったのですね!

エドハールは大人しくこの指示に従ってしまったのでしょうか。

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第21話最新話と感想!ヴィノシュト公爵の提案まとめ

今回は漫画「ガラスの温室の公爵夫人」21話のネタバレ、感想をご紹介しました。

15年ぶりにエドハールに再会したエルは、怒りに震え彼を離れに閉じ込めてしまいます。

エドハールがレイナに冷たく接したのは、彼女の父親からの命令だったのです。

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!