ラスボスの私が主人公の妻になりました

ラスボスの私が主人公の妻になりましたネタバレ第24話最新話と感想!グリーン家への復讐

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ラスボスの私が主人公の妻になりました」第24話のネタバレと感想をまとめてみました!

ついに最後の仕上げとして告発文書を投函したフィオナ。

いよいよグリーン家が崩壊します!

「ラスボスの私が主人公の妻になりました」第24話のネタバレと感想を紹介します!

⇒ラスボスの私が主人公の妻になりましたネタバレ一覧へ

ラスボスの私が主人公の妻になりましたネタバレ第24話最新話と感想!グリーン家への復讐

最後の仕上げ

帝国の財務省宛てに匿名で文書を送ったフィオナ。

内容はもちろんグリーン家の違法行為を告発するものでした。

事実関係が証明されれば、グリーン家の財産は差し押さえられる事になるのです。

 

二日後、ゼンの元を訪れたフィオナ。

彼の伯爵代理就任を祝うと共に、約束していた書類への捺印を頼みます。

それはフィオナを戸籍から抹消する為の書類でした。

 

無事捺印をもらったフィオナは、最後に伝えたい事があると言います。

ギャンブル中毒は治らないと呟くフィオナ。

 

借金まみれならもう終わりだと微笑みます。

驚いて激高するゼンを無視し、上機嫌で部屋を後にするのでした。

伯爵夫人への復讐

上機嫌のフィオナの前に、今度はグリーン伯爵夫人が立ちはだかりました。

用が済んだのならさっさと屋敷を出て行くよう声を荒げる夫人。

フィオナは了承すると、やり残した事があると手を掲げました。

 

まだ何か言おうとする夫人を無視し、思い切り引っぱたくフィオナ。

何が起こったのか分からず絶句する夫人を前に、これくらいして出て行かないと気が済まないと呟きます。

カインデルは連行され、ゼンは借金まみれなのだから、あなたにも報いが必要だと。

 

ゼンの借金を知らなかった夫人は激しく動揺。

早くフィオナを捕まえろと騒ぎ立てます。

そんな夫人の元へ慌てた様子のメイドがやって来ました。

グリーン家の崩壊

なんと、邸宅の外に皇帝命令を受けた兵士たちが来ていると言うのです。

絶句する夫人を前に、思ったより早かったと喜ぶフィオナ。

カインデルと伯爵が麻薬取引を行っていた事。

 

そしてその事を自分が国に告発した事を打ち明けたのです。

そんな事をすればあなたも処罰対象になると激高する夫人に、先程捺印してもらったばかりの書類を見せるフィオナ。

自分はもうこの家の人間ではなくなったからと微笑みます。

 

恩知らずだと罵る夫人に、最初は目を瞑るつもりだったと言うフィオナ。

彼女がこんな設定を作ったばかりに、小説の中のフィオナに苦痛を与えてしまった事に責任を感じていたのです。

それでも5年前の事がどうしても忘れられず、今回の行動を決意したのだと言います。

 

そして夫人の落とした宝石を手渡しながら、もう二度と手に入れられないかもしれないと。

だから一つ一つ大事にした方がいいとアドバイスするのでした。

龍を討伐したシグレン

こうしてグリーン家の財産は全て没収される事に。

パニックに陥る二人を尻目に、フィオナは屋敷を後にしタウンハウスへと向かいました。

 

その頃ヘイロン領では。

シグレンが北部のボスである呪われた龍の討伐を終えたところでした。

ラスボスの私が主人公の妻になりましたネタバレ第24話感想

ついにグリーン家への復讐を成し遂げたフィオナ。

借金まみれを暴露されたゼンの驚いた顔もですが、何よりも夫人を引っぱたいた時がすっきりしました!

これで家族全員が大好きなお金とは無縁な生活を送る事になるはずです。

 

今までの行いを考えれば、自業自得としか言いようがありません!

彼らに反省なんて無理でしょうけど、今まで好き勝手やってきた分質素に生きていって欲しいですね!

 

それにしても、麻薬取引に借金に愛人に…こんなにもろくでなしばかりの家族も珍しいです。

不遇な幼少期を送って来た分、フィオナが幸せになれる事を祈ります!

 

そしてついにシグレンがヘイロンのボス討伐に成功。

フィオナもグリーン家問題を片付けた事だし、二人が再会する事になるのでしょうか?

ヘイロンのタウンハウスにもどんな事が待ち受けているのか気になります!

ラスボスの私が主人公の妻になりましたネタバレ第24話最新話と感想!グリーン家への復讐まとめ

今回は漫画「ラスボスの私が主人公の妻になりました」24話のネタバレ、感想をご紹介しました。

グリーン家の違法取引を告発し、無事復讐を成し遂げたフィオナ。

一方シグレンはヘイロンの呪われた龍の討伐に成功するのでした。

⇒ラスボスの私が主人公の妻になりましたネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!