全ては勘違いだった

全ては勘違いだったネタバレ第7話最新話と感想!ノクターンへの疑惑

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「全ては勘違いだった」第7話ネタバレと感想をまとめてみました!

ノクターンが訪ねて来た理由とは…?

ドルーアは彼の行動に不信感を募らせます。

「全ては勘違いだった」第7話のネタバレと感想を紹介します!

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

全ては勘違いだったネタバレ第7話最新話と感想!

ノクターンの目的

舞踏会の後、アリスと会っていた事を指摘されたドルーア。

ノクターンは自分の秘密がばれたかどうかを確認しに来たのだと悟ります。

 

サディが淹れたお茶を飲みながら話す事になった二人。

ノクターンは来週お茶会を開くからと、ドルーアに招待状を渡しました。

断ろうとする彼女に、アーロンとアリスも来る事を伝えるノクターン。

 

特に探る様子もなく、そのまま帰ろうとする彼に、ドルーアは拍子抜けします。

ノクターンは振り返ると、自分は姉のアロイに呼ばれて来たのでサディは悪くないと。

そして婚約祝いにと、ドルーアの首に紫の宝石が付いたネックレスを付けると去って行きました。

ノクターンを呼んだ理由

アロイの部屋を訪れ、ノクターンを呼んだ理由を尋ねたドルーア。

彼はアロイの婚約者であるテロップスの身辺調査の結果を報告しに来たのだと。

テロップスにはアロイの他にも愛人がおり、結婚した後にはドルーアを口説こうとしていたと聞き、衝撃を受けます。

 

アロイとテロップスの縁談は破談になりましたが、彼の身辺調査はノクターン自ら行ったと聞き、嘘の噂をでっち上げたのではないかと疑うドルーア。

ノクターンが皆を洗脳し、破談にするように仕向けたのではと考え混乱します。

しかし、アロイの縁談が破談になってもノクターンには得する事がなく、変な妄想はやめようと思うのでした。

ノクターンへの疑惑

自室に戻ったドルーアは、メイドのサディから許可なくノクターンを部屋に招き入れた事を謝罪されていました。

次は二度とこんな事がないようにすると、何度も頭を下げるサディ。

元々真面目なサディが自分の許可なく彼を連れて来た事に、益々疑問を覚えます。

 

ノクターンの今までの行動を思い出し、彼には何か秘密があると確信するドルーア。

その時、アーロンからの手紙が届きました。

ノクターンのお茶会に招待されたのが事実かどうか、確認を兼ねて手紙を送っていたのです。

 

アーロンからの返事には、自分もお茶会に参加された事。

そしてまだ参加の可否を返信していない為、不参加の方が良ければ教えてくれと書かれていました。

アリスを避けているはずのアーロンがお茶会に参加しようとしています。

 

彼はアリスが来る事を知らないのかと不思議に思うのでした。

全ては勘違いだったネタバレ第7話感想

ノクターンから舞踏会の後にアリスと会っていた事を指摘されたドルーアは、彼が自分の事をどこまで知っているか探りに来たのだと悟ります。

しかし特に探る様子もなく、お茶会の招待状と婚約祝いのネックレスだけ渡して去って行く彼に拍子抜けするのでした。

 

アリスと会っていた事がノクターンにばれていて驚きです!

招待状を渡すだけが目的とは思えませんが、ドルーアの反応を見にきたのでしょうか…?

婚約祝いのネックレスに何か仕掛けがありそうな予感がします。

 

ノクターンがアロイの婚約者の身辺調査をしたと聞いたドルーア。

彼がわざと破談にするように仕向けたのではないかと疑います。

 

テロップスは決してイケメンではないですが、優しそうで女遊びが激しい男性には見えませんでした。

わざと破談するように仕向けたとしたら、一体何の為に…?

 

アリスが来るお茶会にアーロンが参加しようとしている事に驚くドルーア。

アーロンはアリスが来る事を知らないのでしょうか。

 

そもそも、何の為にこの3人をお茶会に誘ったのか。

何らかの目的がありそうですね!

全ては勘違いだったネタバレ第7話最新話と感想!ノクターンへの疑惑まとめ

今回は漫画「全ては勘違いだった」7話のネタバレ、感想をご紹介しました。

ノクターンからお茶会に招待されたドルーア。

彼がアロイの婚約者の身辺調査をしたと聞き、わざと破談にするように仕向けたのではないかと疑います。

アリスも来るお茶会にアーロンが参加しようとしている事に疑問を感じるのでした。

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!