余命わずかの脇役令嬢のネタバレと感想を最新話まで更新中

余命わずかの脇役令嬢

スポンサーリンク

ピッコマで連載中の「余命わずかの脇役令嬢」のネタバレを1話~結末まで最新話更新中です!

「余命わずかの脇役令嬢」のネタバレあらすじを1話~結末まで一緒に楽しみましょう♪

「余命わずかの脇役令嬢」のネタバレ結末については韓国で最終話まで更新されたら反映する予定です。

また、「余命わずかの脇役令嬢」の結末予想も楽しんでみましょう!

「日本語版までしか読みたくない」という方は、日本語で出ている話までの確認を推奨します!

余命わずかの脇役令嬢のネタバレを結末まで最新話を随時更新!

1話 2話 3話
4話 5話 6話
7話 8話 9話
10話 11話 12話
13話 14話 15話
16話 17話 18話
19話 20話 21話
22話 23話 24話
25話 26話 27話
28話 29話 30話

余命わずかの脇役令嬢のあらすじ

主人公のカリナは、いつも誰かの影に隠れ1番になることはありませんでした。

それでも両親から嫌われないよう我慢をし続けていたある日、カリナは余命1年と宣告されます。

せめて残りの時間は自分らしく生きようと決意したカリナは、家を出て婚約者・ミリアンの元へ向かいます。

 

最初こそ煩わしそうにしたものの、ミリアンは誠意をもってカリナに接し気遣います。

初めての経験に戸惑いながら、カリナは次第に満たされ生き生きとした表情を見せるようになりました。

余命わずかの脇役令嬢の登場人物

カリナ・レオポルド

この物語の主人公。

アイオス帝国南部の伯爵家令嬢。

絵を描くことが好きで、生命力を代償に絵を実体化させる「創造の奇跡」と呼ばれる能力を持つ。

そうとは知らずに、両親に見てもらえない寂しさから「奇跡」を起こし続けた。

その結果余命1年となり、歩くのもやっとなほどに身体が弱ってしまう。

 

最後の時は自分のために生きたいと願い、家族と離れる決意をする。

2ヶ月かけて、婚約者のいる北部ジェンタール領へとたどり着いた。

ミリアン・フェステリオ

カリナの婚約者。

アイオス帝国北部ジェンタールの領主で公爵貴族。

カリナとの婚約破棄を条件に、数ヶ月の間カリナが屋敷に滞在することを許可する。

神経質で不愛想だが、常にカリナを気遣う誠実な青年。

家族の誰もが気付かなかったが、カリナの体調不良や趣味にすぐ気付いた。

アベリア・レオポルド

歳の離れたカリナの妹。

生まれつき身体が弱く、よく体調を崩していた。

そのため両親の関心が集中し、とても大事に育てられる。

倒れたときはカリナに看病をしてもらっていたため、カリナには懐いていた。

刺繍が得意。

フェルダン・レオポルド

歳の離れたカリナの弟。

アベリアとは双子で仲が良く、一緒に行動することが多い。

明るく社交的な性格で、一度目にしたことはどんなことでも簡単にこなす天才肌。

インフリック・レオポルド

カリナの兄でレオポルド家長子。

剣術に優れており、アカデミーの頃から大会で優勝するほどの腕前を持つ。

現在は皇帝直属の騎士団に所属しており、家族と離れて暮らしている。

カーシス・レオポルド伯爵(カリナの父)

アイオス帝国南部の伯爵貴族。

家族を大切に思っており、カリナにも欲しい物は何でも与えてきた。

しかしカリナが家を出て行った理由がわからず、向かった先に心当たりもないほど関心は薄い。

ダリア・レオポルド伯爵夫人(カリナの母)

アイオス帝国南部の伯爵貴族。

カリナを娘として大事に思っているが、他の兄弟達を優先せざるを得ず放置気味だった。

カリナの描いた絵に対しても、とても冷めた反応を見せる。

ウィンストン

アイオス帝国南部の医師。

芸術病に詳しく、カリナの余命が1年だと宣告した。

自身も芸術病を患っており、カリナのことを気に掛けている。

ノクターン

レオポルド伯爵家の主治医。

穏やかな性格で、誰に対しても優しく接する青年。

幼くして命を落とした妹の姿をアベリアに重ねており、大切に思っている。

フェリオール・カルロス

アイオス帝国の公爵貴族。

由緒ある芸術一族の若き当主で、ミリアンの親友。

演奏した曲を聞かせることで、人々を癒すことができる特別な能力を持つ。

余命わずかの脇役令嬢の結末を大胆予想!

余命わずかの脇役令嬢の結末予想ですが、最終的にはカリナはその生涯に幕を下ろしてしまうでしょう。

婚約破棄を条件にしていましたが、そうはならずカリナとミリアンは結婚するのではないかと予想します。

短い時間ですが、ミリアンと過ごしたときは心が満たされていたのではないでしょうか。

 

ハッピーエンドと言い切れる結末ではなくても、カリナにとって幸せであればよいなと思います。

またカリナと両親の仲ですが、最後まで修復されることはないと予想します。

もし両親と再会するとしたら、カリナの命が消えるその直前になるでしょう。

 

会ってもカリナを気遣うとは考えにくく、どれだけ心配と迷惑をかけたかを延々と説教するだけではないかと思います。

もしかしたらカリナが芸術病であることも、最後まで知らないままなのではないでしょうか。

ですがカリナが永眠した後、カリナの描いた絵が世間から高く評価される可能性があると思います。

それによって両親も、カリナのことを認めてくれるのではないでしょうか。

 

今までずっと辛い思いをしてきたカリナですが、どうか最後は幸せれるよう願いわずにはいられません。

できればミリアンが傍でカリナを看取り、悼んでくれればいいなと思います。

以上、余命わずかの脇役令嬢の結末予想でした。

余命わずかの脇役令嬢の原作や作品情報

余命わずかの脇役令嬢の原作や作品情報です!

漫画タイトル 余命わずかの脇役令嬢
配信サイト ピッコマ
配信日 毎週水曜日(ピッコマ)
出版 Kakao Entertainment Corp.
原作の作者 JAEUNHYANG

 

error: Content is protected !!