私を溺愛する2番手男キャラを育てましたのネタバレと感想を最新話まで更新中

私を溺愛する2番手キャラを育てました

ピッコマで連載中の「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」のネタバレを1話~結末まで最新話更新中です!

「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」のネタバレあらすじを1話~結末まで一緒に楽しみましょう♪

「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」のネタバレ結末については韓国で最終話まで更新されたら反映する予定です。

また、「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の結末予想も楽しんでみましょう!

「日本語版までしか読みたくない」という方は、日本語で出ている話までの確認を推奨します!

「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の韓国名は집착 서브 남주를 키웠습니다で英語名はI Raised an Obsessive Servant です。

私を溺愛する2番手男キャラを育てましたのネタバレを結末まで最新話を随時更新!

1話 2話 3話
4話 5話 6話
7話 8話 9話
10話 11話 12話
13話 14話 15話
16話 17話 18話
19話 20話 21話
22話 23話 24話
25話 26話 27話
28話 29話 30話
31話 32話 33話
34話 35話 36話
37話 38話 39話
40話 41話 42話

ピッコマの漫画のネタバレの一覧はこちら!その他の漫画のネタバレも掲載しています!

私を溺愛する2番手男キャラを育てましたのあらすじ

雪が降る冬のある日、瀧藍花はひき逃げ事故によりその生涯を終えたはずでした。

しかし藍花は、かつて読んだ小説の世界で目を覚まします。

作中の登場人物の1人、悪女「ユリナ」として。

 

藍花の記憶では、ユリナは小説の中で悲惨な最後を迎えていました。

まだ11歳のユリナなら、その結末を変えられるかもしれない。

そう考えたユリナは、自らの運命に立ち向かうため行動を起こします。

私を溺愛する2番手男キャラを育てましたの登場人物

ユリナ・カルティア

この物語の主人公。

帝国貴族カルティア侯爵家の令嬢だが、その精神は「瀧藍花」という成人女性。

そのため大人びた雰囲気をまとっており、目つきの鋭さもあって冷たい印象を与えがち。

自分がこの世界の人間でないことに引け目を感じており、誰にも本心を言えないことを心苦しく感じている。

原作小説ではヒロインのライバルキャラの悪女で、悲惨な最後を遂げてしまう。

その運命を変えるために、キーキャラクターである赤い瞳の少年を半年かけて探し出す。

レイノード(レイ)

孤児。

魔法の才能を秘めており、赤い瞳が特徴の少年。

ユリナに孤児院から連れ出され、以降はカルティア侯爵邸で一緒に過ごすことになる。

自分を信じてくれたユリナは大切な存在で、特別な感情を抱くようになった。

「レイノード」とは希望を意味し、ユリナがつけた名前。

本名は「トム」というありきたりなもので、本人は嫌っていた。

原作小説では経緯の違いから「カリオン」という名前になっており、ヒロインのリディアを寵愛し悪女ユリナの命を奪う。

カルティア侯爵(ユリナの父)

帝国の侯爵貴族。

娘のユリナを溺愛しているが、孤児のレイノードに投資することに最初は反対していた。

後にレイノードの才能が明らかになったことで、パロトンになることを認める。

デイヴ・ケスト

魔法使い。

クーロン王立アカデミーの卒業生で、帝国でも強い影響力を持つ実力者。

レイノードの才能に惚れ込み、自ら教育係に志願するもユリナに却下されてしまう。

しかし限られた期間だが、レイノードに魔法を教えることになった。

そのためレイノードにとっては、魔法の師匠にあたる。

ユリナとレイノードの仲を応援しているが、ユリナには否定されている。

ベシー

カルティア侯爵家の使用人。

ユリナが幼少の頃から仕えており、ユリナを大切に思っている。

レイノードのことも実の弟のようにかわいがっており、何かと世話を焼くうちに仲良くなった。

カルティア侯爵夫人(ユリナの母)

帝国の侯爵夫人。

娘のユリナに愛情を注ぎ、使用人達にも分け隔てなく接する優しい女性。

穏やかながらも凛とした佇まいで、礼儀作法には厳しい。

カーティス・ジェノシアン

帝国の皇太子。

黒髪と金色の瞳が特徴の青年。

街で偶然出会ったユリナに興味を抱くが、その時はお互いの名前すら知ることなく別れた。

後に王立図書館で再会を果たし、それぞれの素性が明らかになる。

原作小説では女主人公リディアの相手役だが、実はユリナと深い関係にあることが判明した。

リディア・デプロン

帝国の侯爵令嬢。

デプロン侯爵家の令嬢で、心優しい少女。

父親のデプロン侯爵が何かを企てていることに気づいており、不安を感じている。

原作小説の女主人公で、ユリナとは王妃の座を巡って対立していた。

デプロン侯爵

リディアの父親。

帝国の侯爵貴族で、魔法使いでもある。

一般には秘匿されている赤い瞳の真実を知っているなど、いろいろと謎が多い人物。

原作小説で赤い瞳の少年を孤児院から連れ出し、「カリオン」という名前を授けたのは彼だった。

私を溺愛する2番手男キャラを育てましたの結末を大胆予想!

私を溺愛する2番手男キャラを育てましたの結末ですが、ユリナは運命を変えることに成功すると予想します。

そしてレイノードと結ばれ、幸せな人生を送るのではないでしょうか。

現在ユリナの目的は、原作で迎えた非業の最後を阻止することにあります。

最初にレイノードを探し出した理由は、そのためです。

 

ではそれを達成した後、ユリナは一体どうなるのでしょうか。

成人になったユリナは、王妃候補になっています。

そのため順調に進めば、ユリナは王妃になると考えられるでしょう。

しかしそのことを、ユリナが望むかどうかは別問題です。

元々ユリナはカーティス皇太子に思い入れがなく、レイノードを気に入っていました。

それを考えるとユリナが選ぶのはカーティス皇太子ではなく、レイノードという可能性が高いのではないでしょうか。

 

アカデミーを卒業したレイノードならば、騎士の称号を得ています。

侯爵令嬢であるユリナの相手として、申し分ないと言えるでしょう。

ユリナとレイノード、両者が幸せになるエンディングであればいいなと思います。

 

以上、私を溺愛する2番手男キャラを育てましたの結末予想でした。

ピッコマの漫画のネタバレの一覧はこちら!その他の漫画のネタバレも掲載しています!

私を溺愛する2番手男キャラを育てましたの原作や作品情報

私を溺愛する2番手男キャラを育てましたの原作や作品情報です!

漫画タイトル 私を溺愛する2番手男キャラを育てました
配信サイト ピッコマ
配信日 毎週木曜日(ピッコマ)
出版 Haksan
原作の作者 Yoon HaWol

ピッコマの漫画のネタバレの一覧はこちら!その他の漫画のネタバレも掲載しています!

error: Content is protected !!