転生したら推しの母になりましたのネタバレと感想を最新話まで更新中

転生したら推しの母になりましたの画像

スポンサーリンク

ピッコマで連載中の「転生したら推しの母になりました」のネタバレを1話~結末まで最新話更新中です!

「転生したら推しの母になりました」のネタバレあらすじを1話~結末まで一緒に楽しみましょう♪

「転生したら推しの母になりました」のネタバレ結末については韓国で最終話まで更新されたら反映する予定です。

また、「転生したら推しの母になりました」の結末予想も楽しんでみましょう!

「日本語版までしか読みたくない」という方は、日本語で出ている話までの確認を推奨します!

転生したら推しの母になりましたのネタバレを結末まで最新話を随時更新!

1話 2話 3話
4話 5話 6話
7話 8話 9話
10話 11話 12話
13話 14話 15話
16話 17話 18話
19話 20話 21話
22話 23話 24話

転生したら推しの母になりましたのあらすじ

主人公は、小説「ペルソナ」の登場人物であるアベルに情熱を注ぐ女性でした。

ところがある日、作家先生のサイン会に行く際にその人生を終えてしまいます。

 

そして、目が覚めると小説の中に転生してしまっていたのでした。

そこはアベルが幼少期の時代で、アイシャとして第2の人生を始めることになった彼女は、アベルに会うため北部に向かいます。

 

アイシャは向かった先でアベルの父であるハデスと対面し、ハデスの勘違いにより2人は結婚することになります。

アイシャはアベルの側にいられる絶好のポジションだと考えましたが、アイシャのことを快く思わない家臣と対立します。

小説の中でアベルのことを虐めていた家臣たちに、アイシャはどうやって対応していくのでしょうか?

転生したら推しの母になりましたの登場人物

アイシャ・エスクリフ

「ペルソナ」の世界に転生し、第2の人生をスタートさせた女性。

アベルを推しとして崇め、白属性を持ちます。

アベル・ルバモント

小説「ペルソナ」の主人公で、波乱万丈な人生を送り、後に強い力に目覚めます。

ハデスのことをとても慕っており、アイシャがお母さんになってくれたら良いな、と思っているようです。

ハデス・ルバモント

とても強い炎属性の持ち主。

アベルの父であり、アイシャは自身のことが好きだという勘違いからプロポーズをします。

小説の世界ではアベルの力の覚醒とともに亡くなってしまいます。

アガサ・ガスフェル

ハデスの姉。

元はアガサがルバモントの爵位を継ぐはずだったため、ハデスが孤児や地位の低い女を妻として迎えたことに憤慨します。

小説では後にアベルの協力者となりますが、幼少期のアベルを虐めていた人物です。

ガスフェル伯爵

アガサの夫で、ルバモント家の家臣です。

アガサ同様に血筋を大切にし、アベルに厳しい態度をとります。

転生したら推しの母になりましたの結末を大胆予想!

「転生したら推しの母になりました」の結末予想ですが、アイシャが聖女として覚醒してハデスを救い、無事結ばれる結末になると予想されます!

アイシャは現在、白属性の力を使えませんが、小説で登場する聖女と同じ属性を持っているようです。

 

小説では妻を迎えなかったハデスですが、もう既にアイシャを妻に迎えるとして内容が変わってしまっています。

アイシャに小説の内容を変化させる力があるなら、ハデスを助けられるのではないかと思います。

そして、アベルを深い悲しみから救ってあげられるのではないでしょうか?

転生したら推しの母になりましたの原作や作品情報

転生したら推しの母になりましたの原作や作品情報です!

漫画タイトル 転生したら推しの母になりました
配信サイト ピッコマ
配信日 毎週 木曜日(ピッコマ)
出版 Feelyeon Management
原作の作者 Ko eun chae先生

 

error: Content is protected !!